操作

門前町

門前町(もんぜんまち)とは、有力な寺院神社の周辺に形成された町のこと。特に神社の場合は、鳥居前町(とりいまえまち)という。大規模で多くの参詣者を集める神社や寺院の前に、社寺関係者および参拝客を相手にする商工業者が集まることによって形成される。

概要

広義には、神社・寺院の信徒が近隣に集落を形成した社家町や寺内町も含めて門前町という[1]。規模が大きいものを宗教都市境内都市として定義する場合がある。歴史的な市街地の成立場所には、城、湊、市場、相場などがあるが、社寺もその一つである。

特に現在も門前町としての歴史的風致をとどめている地区は重要伝統的建造物群保存地区として選定されて保存措置が講じられている。

重要伝統的建造物群保存地区の門前町・鳥居前町

主な門前町・鳥居前町

北海道・東北地方

関東地方

中部地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄地方

関連項目

脚註

  1. 門前町”. 世界大百科事典第2版 / コトバンク. . 2018閲覧.