操作

長野県

面積 1万3561.56km2(境界未定)。 人口 209万8804(2015)。
年降水量 932.7mm(長野市)。
年平均気温 11.9℃(長野市)。
県庁所在地 長野市
県木 シラカバ
県花 リンドウ
県鳥 ライチョウ

本州の中央部に位置する県。飛騨山脈木曾山脈赤石山脈および那須火山帯富士火山帯乗鞍火山帯に属する山々をはじめ 3000m級の山が多く,「日本の屋根」といわれる。山地の間を千曲川と支流の犀川天竜川木曾川が流れ,長野盆地上田盆地佐久盆地松本盆地諏訪盆地伊那盆地木曾谷が開けて,おもな平地となっている。中央部を南北にフォッサ・マグナが通る。海に面さず,大陸性気候を示す。早くから開発され信濃国となっていた。江戸時代には 15の藩領のほか天領,旗本領などに分割され,明治初期には長野,筑摩の 2県となり,1876年合併して今日の長野県となる。農業はリンゴ,アンズ,ナシ,ブドウなどの果樹とキャベツ,ハクサイ,セロリー,レタスなど高冷地野菜の栽培が盛ん。森林資源に恵まれ,特に木曾谷のヒノキは日本三大美林の一つ。新産業都市に指定された松本諏訪地区を中心に,精密機器,電機部品などの組み立て工業が立地している。観光資源はきわめて豊富。登山では特に飛騨山脈の槍ヶ岳付近が「アルプス銀座」と呼ばれるほど登山者が多い。高原や火山裾野には避暑地,スキー場として著名な地が多い。温泉も各所に湧出。木曾谷や盆地を結ぶ峠には歴史を偲ばせる景観が少なくない。それらの多くは国立・国定公園に指定され,県内には中部山岳国立公園南アルプス国立公園上信越高原国立公園秩父多摩甲斐国立公園妙高戸隠連山国立公園妙義荒船佐久高原国定公園八ヶ岳中信高原国定公園天竜奥三河国定公園がある。中央自動車道,長野自動車道,上信越自動車道の開通で,内陸部と各主要都市間の交通が短縮。北陸新幹線の開通で東京との距離も縮まった。1998年には長野オリンピック冬季競技大会が開催された。

外部リンク