操作

中部山岳国立公園

上高地から望む穂高連峰と梓川.中部山岳国立公園,長野県.jpg

中部山岳国立公園(ちゅうぶさんがくこくりつこうえん

新潟県,富山県,長野県,岐阜県に広がる自然公園。面積 1743.23km2。1934年指定。日本アルプスの一部,飛騨山脈と乗鞍火山などを含む北アルプスの地域を占める。更新世の氷河で形成された山や谷の地形,カール氷食谷をもつ高山が多く,白馬岳(2932m),立山(3015m),槍ヶ岳(3180m),穂高岳(3190m)の連峰が典型的。白馬岳は高山植物が多く雪渓が美しい。乗鞍岳(3026m),立山にはケーブルカー,バスが通じ登山者が激増。五色ヶ原や雲ノ平の溶岩台地,薬師岳(2926m)付近などでは,美しい高原の景観に加え,原始林や高山植物群落に覆われ,日本第1の山岳景観を呈する。カモシカ(ニホンカモシカ)やライチョウもみられる。黒部峡谷の黒部ダムから下流仙人ダム付近までは,1964年国の特別名勝,特別天然記念物に指定。


外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: