操作

秩父市

ちちぶし
秩父市
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
団体コード 11207-1
面積 577.83km2
(境界未定部分あり)
総人口 61,493[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 106人/km2
隣接自治体 飯能市
比企郡ときがわ町児玉郡神川町
秩父郡小鹿野町皆野町横瀬町東秩父村
東京都西多摩郡奥多摩町
山梨県甲州市山梨市北都留郡丹波山村
長野県南佐久郡川上村
群馬県藤岡市多野郡神流町上野村
市長
外部リンク 秩父市
 表示 

秩父市(ちちぶし)は、埼玉県の北西部の秩父地方にある人口約6.2万人の。面積は約578km2で、埼玉県内では最も広い市町村でもある。

地理

秩父山地に囲まれた秩父盆地の中央部に中心市街地が位置している。秩父地方では唯一の市で、市域のほとんどが秩父多摩甲斐国立公園や、武甲・西秩父といった埼玉県立の自然公園に指定されている。荒川が南西から北東に流れ河岸段丘を形成している。市の南東にそびえる武甲山では石灰石を産出し、露天掘りが行われている。

気候

気候は盆地で内陸型気候である。夏は暑く、時には猛暑日になることもあるが他の関東地方の主要都市と比べると湿度が低く、熱帯夜になることも少ないためすごしやすい。冬は埼玉県の中でも寒さが厳しく、氷点下5を下回ることもしばしばある。 テンプレート:Chichibu weatherbox

隣接している自治体

ファイル:Chichibushi-japan.jpg
秩父市付近の衛星写真。2014年9月27日撮影。写真上方が北側。市街地の南に武甲山に連なる石灰岩採掘場が見える。
(プラネット・ラボ社提供)。

隣接市町村数は15で県内最多で、埼玉県の自治体では唯一南隣の東京都と北隣の群馬県の両方に接している。他の4つの都道府県と接する市町村としては、秩父市以外には岐阜県高山市京都府南丹市のみであり、大変珍しい。

歴史

現在の秩父市を含む地域はもとは知々夫国とよばれ、知々夫国造に支配されていたが、知々夫国は无邪志国造の支配した无邪志国と合わさって7世紀令制国武蔵国となった。

708年和銅元年)に、現在の埼玉県秩父市黒谷にある和銅遺跡付近から、和銅(にきあかがね、純度が高く精錬を必要としない自然銅)が産出し、朝廷に献上された事を記念して、「和銅」に改元するとともに、和同開珎が作られたとされる。

秩父盆地の中央にあることから古くから物資の集散地として、また秩父神社門前町として栄えた。そのためかつては大宮郷(おおみやごう)と呼ばれ、自治体名も1915年までは大宮町(おおみやまち)であった。

1884年明治17年)に秩父事件が起こる。同事件は、負債に悩む秩父の農民たちが結成した「困民党」と呼ばれる組織を中心とした武装蜂起であり、最盛期には小鹿野・吉田、さらには郡都大宮郷(現在の秩父市)等を武力占拠した。これに対し政府は、警察憲兵隊、最終的には東京鎮台まで動員し、徹底的な武力鎮圧を図った。事件後の裁判の結果、死刑7名を含む4000名余が処罰された日本史上最大規模の民衆蜂起とされる。

行政

歴代首長

代(旧町) 氏名 就任 退任
近藤善吉 1889年5月 1889年12月
2 伊古田豊三郎 1890年1月 1894年1月
3 新井市三郎 1894年1月 1896年1月
4 伊古田豊三郎 1896年1月 1899年7月
5 新井市三郎 1899年7月 1911年6月
6 伊古田豊三郎 1911年8月 1929年6月
7 浅見宇市 1929年6月 1937年12月
8 松本由太郎 1937年12月 1942年7月
9 浅見宇市 1942年8月 1946年7月
10 井上市太郎 1946年7月 1947年3月
11 諸武三郎 1947年4月 1950年3月31日
代(旧市) 氏名 就任 退任
諸武三郎 1950年4月1日 1951年4月
2 高野利兵衛 1951年5月1日 1959年4月30日
3 久喜文重郎 1959年5月1日 1975年4月30日
4 加藤博康 1975年5月1日 1987年4月30日
5 内田全一 1987年5月1日 2005年4月30日
6 栗原稔 2003年5月1日 2005年3月31日
代(新市) 氏名 就任年月日 退任年月日
栗原稔 2005年4月1日 2009年4月30日
2 久喜邦康 2009年5月1日 現職

市町村合併

2003年2月に、「秩父はひとつ」をスローガンとして、秩父市と東秩父村を除く秩父郡小鹿野町横瀬町長瀞町皆野町吉田町荒川村両神村大滝村)の九市町村で合併検討準備会を設置した。その後、皆野町と長瀞町が準備会から離脱し、残りの七市町村で任意合併協議会後に法定協議会を発足させた。2004年3月に、小鹿野町・横瀬町・荒川村で住民投票を実施し、荒川村では合併に賛成多数だったが、小鹿野町では、両神村との合併が多数、横瀬町では合併に反対多数となった。なお、現市長の久喜邦康は一連の合併の中で、小鹿野町議を中心とした秩父市との合併に反対する運動を支持していた。こうして小鹿野町・両神村・横瀬町も離脱し、秩父市・吉田町・荒川村・大滝村の4市町村で2005年4月に現在の秩父市が誕生することになった。なお小鹿野町は両神村と2005年10月に合併した。なお、旧吉田町に関しては、経済的・文化的に考えれば、旧秩父市よりもむしろ小鹿野町や旧両神村との合併が望ましいが、旧吉田町は「小鹿野や両神のような『小規模な』町村との合併よりも、秩父市のような規模の大きい市との合併が望まれる」と判断し、旧秩父市との合併を決断した。

その後、皆野町では2006年4月の町長選挙で秩父市との合併に前向きな石木戸道也が町長に当選し、2008年6月19日に秩父市の栗原稔市長のもとを訪れて、秩父市との合併を申し入れた。栗原市長も「秩父はひとつ」との考えに変化はないことからこれを受け入れ、2009年度中に法定協議会が設置される見通しになっていたがのちに破談している。

ファイル:Chicibu city hall Yoshida General Branch1.jpg
吉田総合支所(旧吉田町役場)

住所表記

  • 秩父地域
    • 住居表示実施地区は現行のとおり。
      • 例:秩父市日野田町→秩父市日野田町
    • その他の区域は大字の字句を削除。
      • 例:秩父市大字大宮→秩父市大宮
  • 吉田地域
    • 大字下吉田と大字上吉田は大字の字句を削除。
      • 例:秩父郡吉田町大字下吉田→秩父市下吉田
    • その他の区域は頭に吉田を付し大字の字句を削除。
      • 例:秩父郡吉田町大字久長→秩父市吉田久長
  • 大滝地域
    ファイル:Chichibu city hall otaki branch1.JPG
    大滝総合支所(旧大滝村役場)
    • 大字の字句を削除。
      • 例:秩父郡大滝村大字大滝→秩父市大滝
  • 荒川地域
    ファイル:Chichibu city hall Arakawa branch 1.JPG
    荒川総合支所(旧荒川村役場)
    • 頭に荒川を付し大字の字句を削除。
      • 例:秩父郡荒川村大字日野→秩父市荒川日野

広域行政

人口

  • 総人口 : 67,976人
    • 男 : 33,160人
    • 女 : 34,816人
  • 世帯数 : 26,349世帯
秩父市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

姉妹都市・提携都市

国内

海外

地域

裁判所

国の機関

県の機関

  • 秩父地方庁舎
    • 秩父地域振興センター
    • 秩父県税事務所
    • 秩父環境管理事務所
    • 北部教育事務所秩父支所
  • 農業技術研究センター秩父試験地
  • 秩父福祉事務所
  • 秩父保健所
  • 秩父農林振興センター
  • 秩父県土整備事務所
  • 熊谷建築安全センター秩父駐在
  • 熊谷高等技術専門校秩父分校
  • 青少年総合野外活動センター (彩の国グリーンビレッジ )
  • 大滝げんきプラザ
  • 彩の国ふれあいの森
  • 秩父地域療育センター

消防

警察

その他公共機関

図書館

教育

保育園

  • 日野田保育所
  • 秩父さくら保育園
  • 花の木保育所
  • 秩父こども園
  • 秩父若葉保育園
  • 永田保育所
  • 大畑こども園
  • 秩父かなめ保育園
  • みどりのこ保育園
  • 原谷保育所
  • くわの実保育園
  • 山田保育園
  • 影森保育所
  • 吉田保育所
  • かみたのこども園

幼稚園

  • 秩父国際幼稚園
  • 秩父さくら幼稚園
  • 秩父緑ガ丘幼稚園
  • 秩父ふたば幼稚園
  • かみたの幼稚園
  • 秩父ほうしょう幼稚園
  • 長瀞幼稚園

小学校

秩父市立

  • 荒川西小学校
  • 荒川東小学校
  • 大田小学校
  • 大滝小学校
  • 尾田蒔小学校
  • 久那小学校
  • 影森小学校
  • 高篠小学校
  • 花の木小学校
  • 原谷小学校
  • 西小学校
  • 南小学校
  • 第一小学校
  • 吉田小学校

中学校

秩父市立

影森中学校で卒業式に唄われた「旅立ちの日に」が、全国的に歌われている。

高等学校

専修学校

  • 秩父文化服装専門学校
  • 秩父家政専門学校
  • 秩父看護専門学校

特別支援学校

閉校となった学校

職業訓練

職業能力開発校

住宅団地

  • 秩父阿保住宅(阿保町)
  • 秩父永田住宅(永田町)
  • 秩父久那住宅(久那)
  • 荒川上田野北住宅(荒川上田野)
  • 荒川上田野住宅(荒川上田野)
  • 秩父つばきの森住宅(上影森)
  • 吉田塚越住宅(上吉田)
  • 秩父相生住宅(相生町)
  • 大滝強石住宅(大滝)
  • 秩父こぶし住宅(大野原)
  • 秩父大野原住宅(大野原)
  • 秩父中宮地住宅(中宮地町)
  • 秩父堀切住宅(堀切)

交通

鉄道

  • 中心となる駅:秩父駅

※市役所の最寄り駅は、御花畑駅であるが、JTB時刻表では秩父駅が中心駅となっている。

路線バス

タクシー

タクシーの営業区域秩父交通圏で、横瀬町皆野町長瀞町小鹿野町と同じエリアとなっている。

道路

一般国道
有料道路
県道

道の駅

観光

名所・史跡

祭事

自然・公園

建造物

鉄道・道路

博物館・美術館

温泉

名産

郷土料理

文化財

ユネスコ無形文化遺産

国の重要無形民俗文化財

国の重要有形民俗文化財

秩父市を舞台とする作品

本社がある企業

秩父市に関係する有名人

特筆ない場合は出身者を表す。

秩父市観光大使

マスコットキャラクター

  • りゅうごん - 石ノ森章太郎デザイン
  • ポテくまくん - イメージキャラクター[6]
    • 秩父原人チプー

その他

日本で全国的に知られているラグビー場である秩父宮ラグビー場は、秩父宮雍仁親王に因んでおり当秩父市所在ではない。東京都港区神宮外苑の一角にある。

脚注

参考文献

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 角川書店、1965年。ISBN 4040011104。

関連項目

同一名称の市区町村一覧

外部リンク