操作

蒸気機関車

蒸気機関車(じょうききかんしゃ)

蒸気機関を原動力として利用する機関車。ボイラに発生した蒸気をシリンダに送り,その圧力でピストンに往復運動を起こし,ピストンの一方をクランクに結合し,レール上の車輪を回転させ,車輪とレールの摩擦力によって,牽引力を発揮させる。蒸気にする水とボイラ加熱用の石炭を,連結した車両 (テンダ) で運ぶテンダ機関車と,機関車内部に保有するタンク機関車とがあり,使用蒸気によって,飽和蒸気機関車 (ボイラ内で発生したままの蒸気を使用) と過熱蒸気機関車 (ボイラで発生した蒸気を過熱器で熱して温度を高めて使用) とに分けられる。蒸気機関車は,熱効率が低いこと,鉄道の電化とディーゼル化が進んだことからしだいに姿を消し,日本でも 1975年末には日本国有鉄道 (国鉄) で営業運転を全廃した。しかし 1979年8月1日より山口線の一部 (小郡-津和野) で,動態保存を目的とした運転を再開し,その後も各地でおもにイベント用として不定期に運行している。



Rakuten 楽天市場検索: