操作

無形文化遺産

無形文化遺産(むけいぶんかいさん、Intangible Cultural Heritage

国際連合教育科学文化機関 UNESCOの「人類の無形遺産の代表的な一覧表」(無形文化遺産代表リスト)に登録された無形の文化財。遺産は,無形文化遺産の保護に関する条約(無形文化遺産保護条約)に基づいて選定される。条約は 2003年に世界各地の民俗芸能,口承伝統,少数言語などの無形文化の保護を目的として UNESCO総会で採択され,2006年に発効。保護基金創設のほか,代表的な遺産のリスト作成などを定めている。任期 4年 24ヵ国で構成される委員会が,条約加盟国から推薦を受けた遺産について登録を決定する。特に消滅の危機にあるものについては,「緊急の保護の必要がある無形遺産の一覧表」に登録する。条約に先立ち,UNESCOは 2001年から隔年で 3回にわたり「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」を発表。日本初の遺産となる能楽(狂言),人形浄瑠璃文楽,歌舞伎を含む 90件が傑作と宣言され,2008年代表リストに登録された。



Rakuten 楽天市場検索: