操作

力士

浮世絵に描かれた力士。猪名川政之助(最高位 関脇 1844年天保15年))。歌川国芳の作品。

力士(りきし、ちからひと)

相撲取のこと。 1300年前の飛鳥時代に渡来した経本の訳語にあり,仏教から出た仏の守護神金剛力士にちなむ「力士」の文字はよく用いられていたが,当時は勇士,壮士,健児 (ちからびと) などの広い意味をもち,相撲を取る人々は相撲人 (すまいびと) といった。江戸時代初期には「相撲の取手」,略して「相撲取」といい,中期の頃職業相撲が大名に抱えられて士分格に取り立てられるようになってから「力士」が一般にも使われるようになり,元禄時代の勧進相撲の隆盛期には「 (大名は) 相撲を好み,力士を多く抱え置き」と文書に出てくる。『和漢三才図会』 (1712) の相撲の項目にも力士の文字がみえ,江戸時代から,相撲取と力士が併用された。



Rakuten 楽天市場検索: