操作

藤沢市

ふじさわし
藤沢市
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
団体コード 14205-1
面積 69.57km2
総人口 429,317[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 6,171人/km2
隣接自治体 横浜市綾瀬市海老名市
鎌倉市茅ヶ崎市大和市
高座郡寒川町
市長
特記事項 市外局番:0466(市内全域)
 表示 

藤沢市(ふじさわし)

神奈川県南部の市。相模湾にのぞみ中央部を境川が流れる。北半は相模原台地,南半は湘南砂丘帯にある。 1940年市制。 41年村岡村,42年六会 (むつあい) 村,47年片瀬町,55年小出村の一部,御所見 (ごしょみ) 村,渋谷町の一部をそれぞれ編入。地名の由来は諸説あり,淵沢が転訛したものなどといわれる。室町時代から時宗の総本山清浄光寺 (遊行寺 ) の門前町として発展し,江戸時代には東海道の宿場町としてもにぎわった。東海道本線の開通 (1887) 以後,中心は藤沢駅周辺に移った。南部の鵠沼,辻堂は昭和初期から別荘地となり,現在は住宅地。第2次世界大戦中から東海道本線に沿って工場が立地し,戦後は北部にも大規模工場や工業団地が進出している。江の島は江戸時代から江島神社の参詣客が多く,片瀬はその門前町として発達。清浄光寺には,応永 23 (1416) 年の上杉禅秀の乱で戦死した両軍の人馬を供養した敵味方供養塔 (史跡) がある。海岸は砂浜が続き,夏季は海水浴場としてにぎわう。

JR東海道本線,小田急電鉄江ノ島線,江ノ島電鉄,国道1号線,134号線,467号線が通り,新湘南バイパスの起点。

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: