操作

日光市

にっこうし
日光市
地方 関東地方
都道府県 栃木県
団体コード 09206-1
面積 1,449.83km2
総人口 80,274[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 55.4人/km2
隣接自治体 宇都宮市鹿沼市那須塩原市塩谷郡塩谷町
群馬県沼田市みどり市利根郡片品村
福島県南会津郡南会津町檜枝岐村
市長
外部リンク 日光市
 表示 

日光市(にっこうし)

栃木県北西部,帝釈山地南斜面から日光火山群に広がる市。鬼怒川上流域を占め,北で福島県に,西で群馬県に接する。 1954年日光町 (1889年町制) と小来川村が合体して市制施行。 2006年今市市,足尾町,藤原町,栗山村と合体。中心市街地の日光は奈良時代末期勝道上人が女峰山麓などに四本竜寺 (輪王寺 ) ,二荒山神社を建立したのが起源。元和3 (1617) 年徳川家康をまつる東照宮 (国宝) が造営されてから参詣者が増加,以後は観光都市として発展。東照宮造営時の大工その他の職人が住みつき,現在に伝えられる漆器,木工品などの伝統工業の基礎を築いた。清滝には 1906年足尾銅山の精錬所が置かれた。戦場ヶ原の一部には第2次世界大戦後開拓農家が入植し,高原ダイコンの栽培に成功。近年はイチゴ苗の低温処理の圃場が急激に増加。市西部は奥日光と呼ばれ,日光国立公園を代表する地域で,湖畔が国の名勝に指定されている中禅寺湖,国の名勝の華厳滝男体山湯元温泉などがある。今市の日光杉並木街道は国の特別史跡・特別天然記念物。庚申山コウシンソウ (庚申草) 自生地,奥鬼怒温泉郷の湯沢噴泉塔は国の天然記念物。東部に鬼怒川温泉がある。市域の一部は尾瀬国立公園前日光県立自然公園に属する。東照宮,二荒山神社,輪王寺は「日光の社寺」として,1999年世界遺産の文化遺産に登録。戦場ヶ原を含む奥日光の湿原はラムサール条約に登録。 JR日光線,東武鉄道日光線,東武鉄道鬼怒川線,野岩鉄道,国道 119号線,120号線,121号線,122号線,461号線が通る。

脚注

外部リンク




Rakuten 楽天市場検索: