操作

世界遺産

World Heritage Site

国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界遺産リストに登録されたさまざまな地域または物件。遺産は,世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)に従い「顕著で普遍的な価値」を有するものとして選定される。条約は 1972年の UNESCO総会で採択され,世界の文化財や自然環境を保存・保護する国際協力体制を規定している。

世界遺産は文化遺産,自然遺産,複合遺産の3種類に分類される。文化遺産には多数の歴史的建造物や都市,重要な考古遺跡,そして記念碑的な彫刻,絵画といった芸術作品が含まれる。また自然遺産は以下の自然環境を対象とする。

(1) 地球の生命の記録,またはその地質学的過程の顕著な例を備える,(2)現在も進行する生態学上,生物学上の進化の過程を見せる優れた例を示している,(3) 稀有で独特であり無比であるか,傑出した美しさを特徴とする自然現象を含む,(4) 希少または絶滅に瀕している動植物の生息地,あるいは他に例のない生物の多様性を示す場所を備える。

複合遺産は文化遺産と自然遺産双方の要素を備える。世界遺産リストに登録されている文化遺産と自然遺産の割合はおよそ3対1で,毎年新たな地域および物件がリストに加わる。世界遺産として登録されると,地域の観光事業が促進され,しばしば地域経済が活性化する。

UNESCOは発展途上国における遺産保護・修復のための数多くの取り組みに資金を提供している。

なお,公害,自然災害あるいはその他の問題により深刻な状態にある遺産については,状態が改善されるまで「危機にさらされている世界遺産リスト」(危機遺産リスト)に登録される。

外部リンク