操作

茨城県

いばらきけん
茨城県
地方 関東地方
団体コード 08000-4
ISO 3166-2:JP JP-08
面積 6,097.19km2
総人口 2,885,625
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 473人/km2
隣接都道府県 福島県栃木県埼玉県千葉県
県の木 ウメ
県の花 バラ
県の鳥 ヒバリ
他のシンボル 県のさかな:ヒラメ1995年平成7年)6月19日指定[1]
県民の歌:茨城県民の歌
県民体操:茨城県民体操
茨城県庁
所在地 310-8555
茨城県水戸市笠原町978番地6
北緯36度20分30.2秒東経140度26分48.6秒
外部リンク 茨城県
茨城県の位置

茨城県行政区画図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 

茨城県(いばらきけん)

関東地方北東部の太平洋に面する県。北部は阿武隈高地の南端である多賀,久慈両山地八溝山地。中部は常陸台地で,多くの川が台地を浸食。南部は利根川の沖積低地および水郷地帯をなし,日本第2の湖霞ヶ浦,その東部に北浦を擁する。海岸線は単調な弧状海岸線で,久慈川河口を境に南部はほとんど砂浜海岸,北部はおおむね岩石海岸。気候は太平洋岸気候であるが,冬季は南部沿岸が温暖で,北部内陸は寒冷地となる。降水量は秋に多く,夏は少い。冬は西風が強く,梅雨どきに冷涼な北東風が吹く。県域は古代常陸国で国府が石岡市 (府中) におかれた。江戸時代は水戸ほか 16藩をおく。明治4 (1871) 年の廃藩置県で 16藩は2県となり,1875年現在の茨城県となる。平野では米,ムギ,野菜,果物などを栽培。大麦,小麦の生産が多く,ブタの飼育は全国有数。クリ,メロンの特産がある。漁業も行われる。工業都市日立,勝田が昭和初期から発達。鹿島港を中心に鹿島臨海工業地域の造成が進められた。筑波山南西麓には筑波研究学園都市が,東海村には原子力発電所・研究所がある。

主要幹線としてJR常磐線,常磐自動車道,国道6号線が県の中央部を縦断し,水戸を起点に JR水戸線が栃木県小山と,水郡線が福島県郡山とそれぞれ結んでいる。観光地は水郷筑波国定公園のほか大洗,奥久慈,笠間など9つの県立自然公園がある。

脚注

  1. 茨城県の「県のさかな」(平成7年6月19日 茨城県公告) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第659号: p.7, (1995年6月19日) 

外部リンク

先代:
松岡県水戸県宍戸県
笠間県下館県下妻県
新治県の一部(常陸国
千葉県の一部(下総国利根川以北)
行政区の変遷
1871年 -
次代:
-----


Rakuten 楽天市場検索: