操作

タングステン


タングステンまたはウォルフラム: Wolfram [ˈvɔlfram]: wolframium: tungsten [ˈtʌŋstən])は原子番号74の元素元素記号W金属元素の一つ。

原子量は183.84である。銀灰色の非常に硬く重い金属で、クロム族元素に属する。化学的に安定で、その結晶は体心立方構造 (BCC) を持つ。融点は {{safesubst:#invoke:val|main}} で、沸点は {{safesubst:#invoke:val|main}} 。比重は19.3。希少金属の一つである。


用途

金属のうちでは最も融点が高く、金属としては比較的大きな電気抵抗を持つので、電球フィラメントとして利用されるがLEDの普及によりこの分野の使用量は減少してきている。また、タングステン合金や炭化タングステンは非常に硬度が高いため、高級な切削用工具に用いられる。比重が大きく高い硬度を持つため砲弾、特に対戦車、対艦船用の徹甲弾に用いられるが、この用途では後発の劣化ウランと競合する。との比重が近いことから、金の延べ板の偽造に用いられることがある[1]狩猟用の散弾銃弾や、鉛の釣りのおもり(シンカー)に代わる代替品としても注目されているが、コストや加工などの問題から普及は進んでいない。

産出

タングステンの産出量は、中華人民共和国が52,000トンで、世界の産出量の83.7%を占めており、次いでロシア連邦カナダオーストリアなどで、多く産出される。

前記の様に産業上・軍事上非常に重要性が高い金属であるが地殻存在度が低い物質であり、産出地にも偏りがある。日本においても多くを他国からの輸入に頼っている状況であるため、万一の国際情勢の急変に対する安全保障策として国内消費量の最低60日分を国家備蓄すると定められている。

歴史

1781年スウェーデンカール・ヴィルヘルム・シェーレ灰重石から酸化タングステン(VI)の分離に成功し、タングステン酸と命名。1783年スペインファン・ホセファウストのエルヤル兄弟が、タングステン酸を木炭で還元して初めて単体を得、ウォルフラムと命名。

タングステン (tungsten) とは、スウェーデン語デンマーク語ノルウェー語で「重い石」という意味である。元素記号の W はドイツ語Wolfram にちなむ[3]。これは、タングステン鉱石(鉄マンガン重石Wolframit から来ており(エルヤル兄弟の命名もここから)、これがスズ鉱石の中に混入すると、スラグを作ってスズの精製を阻害することから、スズを狼 (Wolf) のようにむさぼり食べるという意味で名づけられた[4]

米国では2010年、コンゴ民主共和国および周辺国で紛争地域のテロ活動の資金源となっている鉱物、いわゆる「紛争鉱物English版」に指定され、製品に使用する企業は米証券取引委員会に報告義務が課された[5]

日米欧からの提訴を受けて世界貿易機関(WTO)が協定違反と断じたことにより、2015年に生産をほぼ独占していた中国はタングステンとレアアースモリブデンに賦課している「輸出税」と「輸出数量制限」を廃止した[6]

同位体

タングステンにはテンプレート:Chemからテンプレート:Chemまでの同位体が知られており、このうちテンプレート:Chemテンプレート:Chemテンプレート:Chemテンプレート:Chemテンプレート:Chemが天然に存在する。全ての同位体が放射性同位体と考えられているが、いずれも極めて半減期が長く、崩壊が観測されたことはない。計算上 {{safesubst:#invoke:val|main}} のタングステンは2日に1個原子が崩壊しているはずである。

タングステンの化合物

タングステン酸塩鉱物

鉱物学において、タングステン酸塩からなる鉱物タングステン酸塩鉱物(タングステンさんえんこうぶつ、: tungstate mineral)と呼ぶ。灰重石 テンプレート:Chem(タングステン酸カルシウム)、鉄重石 テンプレート:Chem(タングステン酸鉄)、マンガン重石 テンプレート:Chem(タングステン酸マンガン)などがある。

テンプレート:Strunz

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク

テンプレート:タングステンの化合物