操作

スウェーデン

スウェーデン王国
Konungariket Sverige
国の標語:För Sverige i tiden
(スウェーデン語: スウェーデンのために、時代と共に)
スウェーデンの位置
公用語 スウェーデン語(2009年から)
首都 ストックホルム
最大の都市 ストックホルム

面積

総計 449,964km254位
水面積率 8.7%

人口

総計(2013年 9,596,436人(84位
人口密度 20人/km2
GDP(自国通貨表示)

合計(2008年 3兆1,578億[1]スウェーデン・クローナ
GDP (MER)

合計(2008年 4,845億[1]ドル(19位
GDP (PPP)

合計(2008年3,418億[1]ドル(???位
1人あたり 37,245[1]ドル
カルマル同盟より独立1523年6月6日
通貨 スウェーデン・クローナ (SEK)
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 SE / SWE
ccTLD .se
国際電話番号 46

スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: Konungariket Sverige)、通称スウェーデン

北ヨーロッパスカンジナビア半島東部を占める国。立憲君主制国家。国土の 8.5%をベーネルン湖ベッテルン湖,シリャン湖,ストゥール湖,メーラレン湖をはじめとする 10万にも及ぶ湖水が占める。北部ノルランド地方は森林地域で,南部イェータランド地方は低い丘陵性台地と沿岸低地からなる農業地帯。積雪期間は最北部のカレスアンドで 10月~5月にわたるが,緯度のわりに気候は温和。北部に住む少数のエスキモー系サミ人(いわゆるラップ),フィン人を除き,国民の大部分はゲルマン系(北方ゲルマン人)のスウェーデン人。公用語はスウェーデン語で,少数民族はサミ語,フィン語(フィン語派)を使用。有史以前からノルマン人が居住し,4世紀頃にはいくつかの小国家が形成され,10世紀末に統一国家が成立した。9~11世紀にキリスト教化され,国民の約 8割は福音ルター派に属する。1397年からデンマークの支配下に入ったが,1523年独立を回復。産業は豊富に産出する鉄鉱石と石炭を利用する重工業,特に鉄鋼生産を中心とするが,軽機械の製造,伝統の農業,林業と合わせ,きわめて高度に発達している。19世紀に始まった火薬などの化学工業も盛ん。社会保障制度の行き渡った福祉国家としても知られる。外交政策は非同盟,中立。1995年ヨーロッパ連合 EUに加盟。(スウェーデン史

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]

外部リンク

政府
日本政府
観光




Rakuten 楽天市場検索: