操作

立憲君主制

立憲君主制(りっけんくんしゅせい、: Constitutional monarchy)または制限君主制[1]

憲法によりその権力の行使が制限された君主制。制限君主制 limited monarchyとほぼ同一で,絶対君主制と相対する。国民の自由および国政参加への要求との妥協のうえに成立したものであるが,市民階級の成熟度の相違を反映して,君主の権力が大幅に温存され,君主が依然として統治の中心を占める場合(例:プロシア。大日本帝国憲法下の天皇制もこれに属する。しばしば外見的立憲主義と呼ばれる) と,君主の地位が名目化し,議会およびそれに依拠する内閣が統治の中心を占める場合 (例:イギリス) とに分れる。

注釈

  1. 北原保雄ほか 「立憲君主制」『日本国語大辞典』 久保田淳ほか、JapanKnowledge、2016年。


Rakuten 楽天市場検索: