操作

メンデレビウム

メンデレビウム (: mendelevium) は原子番号101の元素元素記号Mdアクチノイド元素で、超ウラン元素でもある。安定同位体は存在せず、半減期も短い。このため物理的、化学的性質の詳細は不明である。原子価は+2、+3価が知られている。発見された中で最も半減期が長い同位体は、メンデレビウム258の51日。同位体に関しては、メンデレビウムの同位体を参照。

歴史

1955年、ギオルソ、シーボーグ等(米国)が、サイクロトロンを使って、アインスタイニウム253α粒子をぶつけて、メンデレビウム256を初めて作り同時に発見した[1]

元素名は、周期表の考案者メンデレーエフにちなんでこの名が付いた[1]。これは、この元素の発見によって、メンデレーエフの予測した周期表の空白の発見、及び性質の観測ができた事を記念しての命名であった。当初は元素記号として Mv が使われたが、後に国際的に Md になった[1]

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社1998年、408頁。ISBN 4-06-257192-7