actions

ラザホージウム

ラザホージウム: rutherfordium)は原子番号104の元素元素記号Rf超ウラン元素超アクチノイド元素である。安定核種は存在しない。化学的性質はジルコニウムハフニウムに類似していることが分かっている。フッ素とは反応しにくい。以前、ソ連において クルチャトビウム: Курчатовий)、Ku と呼ばれていた[1]

同位体に関しては、ラザホージウムの同位体を参照。

歴史

1969年カリフォルニア大学バークレー校アメリカ合衆国)でアルバート・ギオルソらが、カリホルニウム249炭素12炭素13を当てて、ラザホージウム257ラザホージウム259を作った(他に1964年ソ連ドゥブナ合同原子核研究所が発見したとの報告例あり)。

長らく元素名が決められず、系統名ウンニルクアジウム: Unnilquadium, Unq)と呼ばれていたが、1997年IUPACがラザホージウムを正式名称として承認した[2]。ニュージーランド生まれ、英国の物理学者アーネスト・ラザフォードの名に由来する。決定当初の日本語名にはラザフォルジウムラザフォージウム等いくつかの表記揺れがあった。

出典

  1. Курчатовий ソビエト大百科事典
  2. 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社1998年、416~417頁。ISBN 4-06-257192-7 

関連項目