操作

ドブニウム

ドブニウム: dubnium)は原子番号105の元素元素記号Db。安定同位体は存在せず、半減期も短い。超ウラン元素超アクチノイド元素であるが、その物理的、化学的性質の詳細は不明。発見された中で最も半減期が長い同位体は、ドブニウム268の29時間。

同位体に関しては、ドブニウムの同位体を参照。

歴史

1970年カリフォルニア大学バークレー校アメリカ合衆国)のアルバート・ギオルソ (Albert Ghiorso) らにより発見された。同じ時期、1968年から1970年にかけてソビエト連邦ロシア)のドブナにあるドブナ研究所(現:合同原子核研究所、JINR)でもリアム・モーランド (Liam Morland) が新元素発見を報告した。

当初は系統名ウンニルペンチウム: unnilpentium, Unp)と呼ばれていた。新元素の名称について、ソ連の研究者はニールス・ボーアにちなんだ「ニールスボーリウム (nielsbohrium)」(: Нильсборий, Ns)を提案し[1]、アメリカの研究者はオットー・ハーンにちなんだハーニウム (hahnium, Ha) を提案していた(ボーアの名は後に107番元素として採用)。

1997年、ドブナ研究所のあるドブナの地名からこの名が付けられた[2]

化合物

ドブニウムの化合物は4種類知られており、全て5価の化合物である。5価を取る性質はニオブタンタルに類似している。

出典

  1. НИЛЬСБОРИЙ БЭС
  2. 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社1998年、419頁。ISBN 4-06-257192-7