actions

ドミトリ・メンデレーエフ

ドミトリ・イヴァーノヴィチ・メンデレーエフрусский: Дмитрий Иванович Менделеев, ラテン文字転写: Dmitrij Ivanovich Mendelejev ドミートリイー・イヴァーナヴィチ・ミンジリェーイフ;、1834年1月27日グレゴリオ暦2月8日) -1907年1月20日(グレゴリオ暦2月2日))

ロシアの化学者。ギムナジウムの教師であった父の死後,1855年サンクトペテルブルグの師範学校で教師の資格を得たのち,クリミアに赴任。 1856年サンクトペテルブルグ大学に復学。 1859年ドイツのハイデルベルク大学に留学。帰国後サンクトペテルブルグ大学工業研究所教授を経て,1867年サンクトペテルブルグ大学化学技術教授。化学教科書著作の過程で,元素の体系的分類を検討中,1869年原子量順に配列した諸元素の性質の間に周期性がみられることを発見,周期律を発表した。初めは受け入れられなかったが,やがて表の空白部に入るべき未知の3元素 (ガリウムスカンジウムゲルマニウム ) の存在とそれらの性質についての予測が実証され,化学に新しい時代を画するものとして広く認められるにいたった。化学の応用面でも活躍し,ロシアのソーダ工業,石油工業の発展にも貢献したが,その進歩的思想によって当局と衝突し,1890年大学を辞任。晩年は度量衡局長の職にあった (1893~1907) 。教科書として『化学原論』を著した。



楽天市場検索: