操作

戦車(現代)

戦車から転送)

tank

火砲,機関銃などを搭載し,装甲した車体に無限軌道を備えた戦闘用車両。機関銃火力に対抗しうる兵器として 1914年 10月イギリスのアーネスト・スウィントン陸軍大佐が考案,海軍大臣ウィンストン・チャーチルの支持を得て試作に着手。 1916年9月15日のソンムの戦いで 49両の菱型戦車 (→マークI戦車 ) が初めて戦闘に参加した。タンクの称は,工員の一人が「あのタンクのようなもの」と言ったことにより,初めは秘匿名として使われた。戦車が一時に大量に使われた初めての戦闘は,1917年 11月のカンブレーの戦いで,連合軍は 476両のイギリス戦車を集結使用し,ドイツ軍戦線を突破した。回転式砲塔を車体中央に備える今日の戦車の原型となったのは,1916年に出現したフランスのルノー FT戦車である。日本では,ルノー戦車を輸入,1925年に久留米に戦車第1連隊を創設したのが始まりで,1927年には最初の国産戦車として試作1号戦車 (重量 18t,時速 20km,これを改修したのが九七式中戦車 ) が完成した。その後,戦車の装甲は厚くなり,主砲も 1960年代には 120mm級が一般化した。核戦争下でも,機動性に富み,また核爆発の熱線および放射線から兵員を守れることから,戦車は引き続き陸戦の主役であると考えられる。今日,戦車を開発,生産しうる国はしだいに増えてきており,おもな機種は,M-60戦車M-1エイブラムズ戦車 (アメリカ) ,チーフテン戦車チャレンジャー戦車 (イギリス) ,AMX-30戦車AMXルクレール戦車 (フランス) ,レオパルトI型戦車,II型戦車 (ドイツ) (→レオパルト戦車 ) ,PZ-68戦車 (スイス) ,S型戦車 (スウェーデン) ,T-62戦車T-72戦車T-80戦車 (ソビエト連邦) ,74式戦車90式戦車 (日本) ,80式戦車,85式戦車 (中国) ,メルカバ戦車 (イスラエル) ,アルジュン戦車 (インド) ,オソリオ戦車 (ブラジル) などである。