操作

国際花と緑の博覧会

国際花と緑の博覧会
The International Garden and Greenery Exposition,Osaka,Japan,1990
イベントの種類 国際博覧会(特別博)
国際園芸博覧会
通称・略称 花の万博、花博、EXPO'90
正式名称 国際花と緑の博覧会
開催時期 1990年4月1日 - 9月30日
会場 鶴見緑地
大阪府大阪市鶴見区守口市
主催 財団法人国際花と緑の博覧会協会
出展数 83カ国(日本を含む)と55の国際機関
212企業・団体
来場者数 2312万6934名
公式サイト
ファイル:EXPO 1990 Central Gate.JPG
国際花と緑の博覧会 中央ゲート(1990年9月2日
ファイル:Hanahaku5000.jpg
記念貨幣(5000円銀貨)

国際花と緑の博覧会(こくさいはなとみどりのはくらんかい、:The International Garden and Greenery Exposition,Osaka,Japan,1990)は、大阪府大阪市鶴見区守口市に跨る鶴見緑地で、183日間の会期(1990年4月1日 - 9月30日)で行われた博覧会国際事務局 (BIE) 認定の国際博覧会であり、またアジアで初めて開催された国際園芸家協会(AIPH)の国際園芸博覧会でもある[1]。会場面積は約140haで、略称は「花の万博」「花博」「EXPO'90」。「花と緑と人間生活のかかわりをとらえ 21世紀へ向けて潤いのある豊かな社会の創造をめざす」をテーマとし[2]、日本を含む83カ国と55の国際機関[3]、212企業・団体が参加した。総来場者数は2312万6934名[3]で、特別博覧会史上最高を記録した。

開催までの流れ

当初は、1989年大阪市市制100周年事業として、国内博覧会として開催する方向で準備が進められていた。鶴見緑地では1984年から、博覧会に向けてのイベントが定期的に開催されていた。

しかしその後、国の政策とも合致し国際博覧会として、1990年に開催されることになった。計画当初は「鉄冷え」と言われるほど日本経済は冷え込んでおり、閣議了解は民間活力導入を条件になされた。その後、1980年代後半辺りから日本経済はバブル景気を迎え、民間企業からの施設参加(資金提供等)は順調に推移、また民間企業からの寄付金の総額は国際博覧会史上最高を記録するなど、民間からの参加が順調に推移した。国内で大小数々のイベントが催されたバブル期でも最大規模の催事である。

シンボルマークとマスコットキャラクター

ファイル:Hanazukinchan Manhole-20080517.jpg
シンボルマークとマスコットキャラクター柄のマンホール(鶴見緑地内に現存)
  • シンボルマーク
1987年に行われた指名コンペで勝井三雄の作品が選出された。
  • マスコットキャラクター
花ずきんちゃん。チューリップの花がデザインの元である。デザインは蔵前侑吏恵(くらまえゆりえ)の作品で応募総数9,603点の中から選ばれ、審査委員長の手塚治虫が立体デザインをリライトした。

開場時間

「都市型博覧会」ということを考慮して、当初、深夜帯までの開場も検討されていたが、最終的には上記の時間帯に設定された。

入場料

  • 大人普通入場券 2,990円
  • 中人普通入場券 1,550円
(1990年4月1日現在で満15歳以上18歳未満の者)
  • 小人普通入場券 820円
  • 大人特別割引入場券 1,550円(身障者のみ)
全て消費税(当時は税率3%)込。
夜間入場料は、上記の半額となっていた。
顔写真入の全会期通用入場券も発売された。こちらは開催前のみの販売。
※ チケットは大蔵省印刷局製造。テレホンカードと同じ素材。

会場内施設・パビリオン

会場内は「野原のエリア」「街のエリア」「山のエリア」の大きく3つのエリアに分かれていた。

野原のエリア

会場中央の大池「いのちの海」を取り囲む花一杯のエリア。

  • いちょう館(大阪府
    時空快速艇「カラノ」に搭乗し、未来の大阪にタイムスリップ。休憩所や催事場として設営されていた「好きやねんプラザ」は毎週金曜夜間はディスコとして運営されていた。
  • アレフ(クボタセゾングループ
    大池で行なわれた噴水ショー。池が真っ二つに割れる演出が話題となっていた。
  • 国際展示水の館
    とある出展ブースにてひっそりと月の石が展示されていた。
  • 国際展示光の館
  • 国際展示大地の館
    水の館・光の館に展示品が入りきらなくなったため、急遽建てられることになったのが大地の館である。
  • 花桟敷
  • 花の谷
    花桟敷・花の谷合わせて2ヘクタールもあり、四季の花々が入場者を迎えていた。

街のエリア

企業出展の大規模なパビリオンや飲食店・遊園地ゾーンなどが建ち並ぶ賑やかなエリア。3つのエリアの中で最大面積を誇り、入場者の約8割が足を運んだ。

  • JT館 ジョイフルタイム アドベンチャー
    ダークライド型パビリオン。謎の王国に囚われた妖精を救うため、「ノア号」に乗り込み怪鳥と闘うという「シミュレーション・ライドシステム」。
  • ふしぎな森の館・松下
    アンリ・ルソーの絵画の世界を、松下ハイテク技術で再現。
  • シネラビリンス ガスパビリオン(日本ガス協会
    映画の内容を選択しながら先に進んでいく映像迷路ガスを使用した展示品も人気があり、その中でも自動的におにぎりを作る「おにぎりロボット」が人気だった。
  • 大輪会 水のファンタジアム(企業40社)
    が乱舞する「ウォーターディスコショー」。
  • 芙蓉ミュージカル・シアター
    ワイヤーを使用した華やかなミュージカルを披露。
  • ダイコク電機「名画の庭」
    絵画庭園。巨大な陶版画が注目を集めていた。
  • グリーンミュージアム(企業4社)
    バルビゾン派から素朴派までの絵画の展示。また写真作品の展示も。
  • 花博写真美術館(企業20社)
    レトロから最新のカメラの展示・借し出し。写真作品の展示など。
  • 100年先の「の〜んびり村」
    財団法人「亜細亜技術協力会」が出資を募集。当初は入館者は個人情報を記入していたが、悪用のおそれがあるとして半月程で中止となった。の〜んびり村の催しに対して全国霊感商法対策弁護士連絡会霊感商法の被害拡大につながるおそれがあるとして万博協会に調査と指導を申し入れた。日韓トンネルに関するアニメーションを上映するなどし、国会で統一教会とのつながりの疑いが指摘された[4]
  • サントリー
    世界最大の立体映像を上映。
  • 住友
    ダグラス・トランブルが担当を努めた最新の特撮映像を公開。
  • EXPO'90 日立グループ館日立グループ
    世界最大のハイビジョンシアター。
  • 三井東芝
    「ホラビジョンシステム」を駆使したロボショー。ディズニー制作で知られるB・ロジャーズが演出を手掛けたアニメーションも同時公開。
  • 三和みどり館(みどり会
    前方スクリーンだけではなく、足元(下方スクリーン)にも映像が映し出される「マジックカーペットシステム」で独特の浮遊感を体験。
  • ハートピア・空の筏パビリオン(三金会
  • キャンディキャッスル館(日本菓子加工食品振興協会)
    ヘンゼルとグレーテルの世界をモチーフにしたスタンプラリー。ゴールはケーキの城「キャンディキャッスル」。
  • フローラドーム(郵政省NTTKDD
    大型全天周フルカラー映像 映像の中に飛び込んだような迫力を体験。
  • ひかりファンタジー 電力館(電気事業連合会
    ダークライド型パビリオン。坂本龍一の音楽に乗って光が飛び回る。その異空間を「ルミナー号」に乗って体験。クライマックスは100万個の光源が作る大響会。
  • 三菱未来館三菱グループ
    360°全天周映像で、上下左右を映像に飲み込まれる不思議体験。
  • 富士通パビリオン
    全天周3DフルカラーCG映像作品『ユニバース2-太陽の響(ひびき)- "Echos of the Sun"』を上映。映像は1分間に1億円以上かけられていた超大作。『ユニバース2』は後に大阪・京橋OBP富士通関西システムラボラトリ横に仮設された専用劇場や千葉幕張富士通ドームシアター(2002年9月末閉館)でも上映された。
  • いんなあとりっぷ館(霊友会
    ダークライド型パビリオン。「メビウスライド」に乗って絵本の世界を体験。ライド自体が円形をしており、半円状に乗車部が二つ、背中合わせに作られており、一台のライドに二観客グループが搭乗する。また全ライドが円形に配置された状態で内周側展示、外周側展示を順に合計二周する珍しい構造になっていた。
  • 生命の大樹・いのちの塔
    EXPO'90にちなんで高さは90メートル。会員になると館内のコンピュータに写真やメッセージを永久保存することができた。
    会期中、出資者の財政難より一時期入館料の徴収が行われたが、これは博覧会協会の指導により中止された。
  • 咲くやこの花館大阪市
    全面ガラス張りの日本最大級を誇る大温室。
  • 花の江戸東京館(東京都
    江戸文化の紹介・実演など。
  • メインホール'90
    開幕式・閉幕式ほか主要イベントが、ここで開催された。会期終了後、保存して運用を続けることも検討された。
  • テアトル花座
    ミュージカルなどが上演された。
  • マジカルクロス(遊園地)
    27種類の遊戯施設が建ち並ぶアミューズメントゾーン。ヨーロッパのお祭り遊園を再現した(キルメスゾーン)・アメリカンスタイルな(パークゾーン)という2エリアで構成されていた。1985年に開催された「国際科学技術博覧会」の遊園地ゾーンをはるかに上回る規模で展開され、片隅ゾーンではなく、博覧会の見所の一つとなっていた。人気No.1の乗り物は、立ち乗りジェットコースターの風神雷神。「マジカルクロス」の運営は「阪急電鉄」「泉陽興業」「京阪電気鉄道」によって行なわれていた。

山のエリア

「国際庭園」が点在する異国色豊かなエリア。花の万博のテーマ館である「政府苑」や、いくつかの企業パビリオンも、このエリアに出展されていた。

  • 政府苑(日本国政府 … 建設省農林水産省
    世界最大の花ラフレシアの展示が話題となっていた。
  • 国際陳列館
    様々なイベントを開催。4階にはヨーロッパ20都市が共同で出展したヨーロッパパビリオンがあり、各都市の文化などを紹介。
  • 花と緑・日本画美術館(第一不動産グループ)
    日本画壇を代表する51人の新作(テーマは「花と緑」)を展示。
  • シャロン館 鳥の王国
    バードゲージに放たれた達(約1,000羽)の王国を、ボートに乗って探検。
  • 大きな夢の小さな街「ミクルのくに」(日本生命ほか20社)
    少年「ミクル」が住む街をミニチュアで表現。
  • ゴールデンベルパビリオン(江崎グリコサッポロビール三洋電機DUNLOP椿本チエイン・東洋不動産)
    最も美しく・難関だと言われるゴルフコース、「オーガスタナショナルゴルフクラブ」の12番ホールを再現。
  • 国際庭園
    博覧会の見所の一つ。様々な国が、その国独自の個性溢れる庭園を出展していた。パキスタン庭園は完成が開幕に間に合わず、完成までの間は庭園造りの様子そのものが展示代わりとなり、思わぬ人気を博していた。
  • 花木苑・生活の庭
  • 花木苑・夢の庭
  • 花木苑・日本の庭
    花木苑とは企業により出展された庭園のことである。
  • ふるさとの庭(スポットガーデン)
    国内各都道府県が出展した庭園である。
  • さぼうランド
    大阪一・日本一・世界一の大雨を体験することができた。建設省による出展。

会場内の交通手段(4つの交通システム)

会場内を遊覧・移動するために、4つの交通機関が出展されていた。

  • ウォーターライド「アドベンチャークルーズ」(ジャスコイオングループ
    「中央ゲート駅」と「街の駅」を結んだ3両連結の大型ボート(72人乗り)。イメージキャラクターは「銀河鉄道999」のヒロイン「メーテル」。
  • ロープウェイ「フラワーキャビン」(アコム他企業体)
    「祭りの大通り駅」と「山の駅」を結んだロープウェイ
  • CTM「パノラマライナー」(三越他企業体)
    磁石の原理を利用した、最新の短距離交通システム。「街の駅」と「山の駅」を結んだ。
  • SL義経「ドリームエキスプレス」(JR西日本
    山のエリア内の「風車の駅」と「山の駅」を結ぶSL鉄道。7100形蒸気機関車「義経号」が客車を牽引して運行していた。

会期中の主な出来事

開会式

1990年3月31日皇太子徳仁親王による開会宣言が行われて花の万博は開会した。開会式の様子はNHKで中継された。一般公開は翌日の4月1日から同年の9月30日までの183日間だった。

ファイル:JUSCO WATER RIDE.JPG
事故のお詫び看板

ウォーターライド転落事故

開幕2日目の4月2日、会場内を水力を使って遊覧するウォーターライドジャスコイオングループ出展)が高架水路(高さ7メートル)から転落する事故が発生し[5]、乗客・コンパニオン合わせて24名が重軽傷を負う事故が発生した[6]。事故の影響でウォーターライドは約3か月間、運行を中止し、安全確認を強化することで7月12日から運行を再開した[7]

この事故の後も、他の交通システムや、遊園地ゾーン「マジカルクロス」の乗り物などで、部品落下[8]や緊急停止などのトラブルが相次いだ。

入場者数1000万人突破

事故やトラブルが相次いだものの、入場者は日増しに増え、6月20日には入場者数が早くも1000万人に到達した[9]

秋篠宮夫妻来場

7月23日に来場した[10]。成婚後間もない1990年当時、世の中は「紀子様ブーム」一色となった。

猛暑

1990年は記録的な猛暑となった。特にアスファルトが敷き詰められた博覧会会場の暑さは尋常ではなく、まさに灼熱地獄と化していた。会場内の最高気温は38度近く。博覧会協会は、人工雪を降らせたり、会場内のあちこちに氷柱やクーラー付きのテーブルを設置したりと、「暑さ対策」に追われることになる。その「暑さ対策」に投じられた金額は3億円。

入場者数2000万人突破

9月15日に、予定より早く目標であった入場者数2000万人をクリアした。会場は感謝ムード一色となったが、その後、1日の入場者数が30万人を上回る日も出始め、活況による会場内・各交通機関の混乱が心配された。9月23日には、1日の入場者数が37万人となり、これが会期中最高の人出となった。

台風19号来襲

1990年台風の当たり年となり、1年に6個もの台風が上陸した。その中でも台風19号は強い勢力を保ったまま9月19日関西地方に上陸し、この影響で博覧会会場は、午後3時半で閉場となった。当日の入場者数は約4万2000人で、これが会期中最低の人出となった。 なおこの日は出口にて再入場券を無料で配っている。(何時から配りだしたかは不明)

閉会式

1990年9月30日、183日間の会期を終え閉会式を迎えた。当日は台風20号の影響で暴風雨となったが、午後1時半に入場者数2300万人を突破し、最終的には総入場者数が2312万6934名を数えた。これは特別博覧会史上、最も多い入場者数であり、日本で行われた国際博覧会の中でも1970年の大阪万博に次ぐ記録である。

テーマソング

様々な歌手によってテーマソングが歌われた。

記録

  • パビリオンの最多入場者数
    743万人(政府苑で記録)
  • パビリオンの最長待ち時間
    6時間(JT館や電力館で記録)
  • 立ち乗りジェットコースター「風神雷神」利用者数
    230万人(遊園地ゾーン「マジカルクロス」の乗り物の中で、1番の利用者数である)
  • ゴミ排出量
    39.63トン
  • 電力使用量
    28.5万KWH(一般家庭換算30,600戸分)
  • 上水使用量
    6,750立方メートル(一般家庭換算10,100戸分)
  • ガス使用量
    14,260立方メートル(一般家庭換算12,300戸分)
  • 落し物総数
    20968点
  • 現金の忘れ物総額
    7383万円

会場への交通

鉄道

ファイル:JR ticket-1.JPG
ひかり花の万博号の指定席特急券

会場への交通手段として、京橋駅と鶴見緑地駅を結ぶ日本初の鉄輪式リニアモーターミニ地下鉄である大阪市営地下鉄鶴見緑地線(現・長堀鶴見緑地線)が建設された。 なお各線京橋駅、京阪関目駅、京阪守口市駅からの徒歩ルートも設定されてはいたが、大型連休などの多客期を除き利用者はあまり見受けられなかった。

東海道新幹線では臨時のひかり号として東京駅新大阪駅間で、ひかり花の万博号が運行された。

バス

以下の場所と会場との間に直通シャトルバスが運行された。シャトルバス7ルート28社局の輸送人員は508.6万人だった[12]

輸送人員は118万6698人、延べ便数は3万6070便に及んだ[12]
これに合わせて大阪市交御堂筋線の中津-天王寺間折り返し列車が、会期中の昼間の列車に限り新大阪に延長運転された。しかし、好評だったため会期終了後も続けられ、後に夜間時間帯にも拡大している。
同社に限りシャトルバスとは別に一般路線バスも別経路で同時期に新規に設定(これについては現在廃止されている。またこれとは別に1985年に設定された門真19号経路もあり、これは現在も運行している)。

公式には上記7箇所から直通シャトルバスが出ていたが、下記の場所からも運行されていた。

また、路線バスとして以下の場所からも運行した。

高速バスも開設された。

なお、鶴見緑地公園の整備に伴い、整備区域にかかることになった近畿日本鉄道(近鉄バス)茨田営業所(鶴見通沿いの諸口停留所前)が移転を余儀なくされ、開幕前年の1989年稲田営業所を設置して移転した。

関係者

  • 小松左京 (総合プロデューサー)
  • 泉眞也 (総合プロデューサー)
  • 磯崎新 (総合プロデューサー)

博覧会を取り扱ったテレビドラマ・アニメ・小説など

当時のドラマアニメ小説などで、博覧会が登場することもあった。

  • NHK連続テレビ小説「和っこの金メダル」(1989年10月2日1990年3月31日放送)の最終回で、博覧会に主人公と息子が行く場面や、空撮で会場を撮っている場面が登場している。
  • フジテレビ系列放送のサザエさんで、一家が博覧会を訪れるエピソードが放送された。また、オープニングには毎週、マスコットの「花ずきんちゃん」が登場していた。サザエさん一家は主要な公設パビリオンや庭園のほか、民間パビリオンでは唯一、三井・東芝館を訪れている。 [13] その他大阪万博も訪れている。
  • 同じくフジテレビ系列放送のアニメ『キテレツ大百科』でも「真夏の花博で大百科外伝をみつけ出せ」という回で、登場人物らが博覧会を訪れるというエピソードが放送された。
  • 斎藤栄著の小説に「大阪花博殺人旅愁」がある。

また、博覧会会場内に特設されたサテライトスタジオから読売テレビが、来場客を回答者としてスタジオに招いてのクイズ番組「クイズ!花博ランド」を生放送していた(平日夕方の帯番組。タージン司会)。

後援映画

『花物語』- 後援映画として前年1989年夏より大映の配給で公開する。

博覧会閉幕後

会場

会場跡地は花博記念公園鶴見緑地として整備されている。無料で入ることができ、市民の憩いの場となっている。博覧会閉幕と同時に、ほとんどすべてのパビリオン乗り物等は撤去されたが、下記の施設は現在も存在している。

現在は1階が陳列館ホール、2階が国際花と緑の博覧会記念協会事務局である。3〜4階は生き生き地球館(市立環境学習センター)として運用されていたが、2014年3月30日に閉鎖された。
  • 国際展示 水の館
現在は西半分が市営のスポーツセンター、東半分が汎用展示会場として運用されている。
  • 花の谷
  • 花桟敷
  • 国際庭園
  • 風車
花の万博開催のための鶴見緑地の大規模改修工事前より存在。

出展物のその後

乗り物関係のその後

郵便局

会場内に設置された「花の万博郵便局」は、閉幕後、残務処理を行う会場内各施設の利便性のため、会場中央にあった本局だけが閉会後もしばらくの間営業を続けていた。この郵便局はゲートの中にあったにもかかわらず、ゲートで郵便局を訪問したい旨を告げるだけで、一般人でも正門ゲートのみからの入場が可能であった。このため、正門ゲートから郵便局の間に限るが、後片付けや建物の解体の様子が観察できた。ただし、風景印定額貯金記念証書などの使用は会期中だけであった。

2005年日本国際博覧会の際に開設された愛・地球博郵便局も閉幕後しばらくの間営業していたが、この時は関係者以外のゲートの入場は禁止されていたため、閉幕後の一般人の利用は不可能だった。

関連団体

博覧会の準備及び運営を目的とした財団法人国際花と緑の博覧会協会は解散し、花の万博の翌年には理念継承法人として財団法人国際花と緑の博覧会記念協会が設立された。(平成25年4月1日より公益財団法人となる。)[14]

脚注

  1. “花の万博起工式 64年度中に完成へ 総事業費3000億円”. 朝日新聞 夕刊 (朝日新聞社). (1987年10月5日) 
  2. “心に残る花と緑の万博を(社説)”. 朝日新聞 朝刊 (朝日新聞社). (1985年11月7日) 
  3. 3.0 3.1 “花博フィナーレ 入場者、2312万6934人”. 朝日新聞 朝刊 大阪版 (朝日新聞社). (1990年10月1日) 
  4. 衆議院会議録情報 第118回国会 物価問題等に関する特別委員会 第3号
  5. “ウォーターライド脱線、落下 花博会場の高架ボート”. 朝日新聞 夕刊 大阪版 (朝日新聞社). (1990年4月2日) 
  6. “コンベヤー、試験中にも停止 花博のウォーターライド事故”. 朝日新聞 朝刊 大阪版 (朝日新聞社). (1990年4月5日) 
  7. “今度は万全? 再発車のウォーターライド 花の万博”. 朝日新聞 夕刊 (朝日新聞社). (1990年7月12日) 
  8. “ナットの固定忘れ、点検見落としの2重ミス 花博・車輪事故”. 朝日新聞 朝刊 大阪版 (朝日新聞社). (1990年5月26日) 
  9. “花博入場者が1000万人を突破”. 朝日新聞 朝刊 (朝日新聞社). (1990年6月21日) 
  10. “秋篠宮ご夫妻、大阪で花博を見学”. 朝日新聞 夕刊 大阪版 (朝日新聞社). (1990年7月23日) 
  11. 11.0 11.1 11.2 「関西トレンディ──花博ソング花ざかり、音頭もあれば、ロックもある」『日本経済新聞』1990年3月3日付大阪夕刊、30頁。
  12. 12.0 12.1 阪急バス75年史より
  13. 当時は東芝の一社提供だったため。東芝は2017年3月降板。
  14. 各府省等からの再就職者が5代以上続いている独立行政法人・特殊法人等・公益法人の役職に関する府省庁によるあっせんの有無等の調査について 総務省資料

関連項目

外部リンク