操作

第一勧銀グループ

第一勧銀グループ(だいいちかんぎんグループ)は旧渋沢財閥が戦後財閥解体により再編し出来た、第一勧業銀行の融資系列からなる企業グループである。社長会は三金会(さんきんかい)という。

概要

財閥系企業は戦後企業集団という新しい形で再結集した[1]。旧財閥のうち戦前の財閥時代から金融・産業両部門において殆どあらゆる分野に傘下企業を持っていた三井三菱住友の三大財閥はほぼそのままの形で企業集団として再結集した[注 1][2]。だが三大財閥以外に金融部門を中心とした財閥や特定の産業部門を中心とした財閥も多数存在し[2]、総合財閥でないこれらの財閥は銀行を中心とした金融系列に基づく企業集団を形成した[3]

これらの融資系列を母体として登場した企業グループが芙蓉グループ三和グループと本項目で述べる第一勧銀グループである[4]。すなわち旧安田財閥を中心に旧浅野財閥・旧森コンツェルン・旧日産コンツェルン等を系列化して誕生したのが芙蓉グループであり[4]、旧鴻池財閥と旧山口財閥を中心に日新製鋼積水化学工業帝国人絹日本レイヨン丸善石油等を系列化して誕生したのが三和グループであり[4]、旧渋沢財閥を中心に旧古河財閥・旧神戸川崎財閥・旧藤山コンツェルン・旧鈴木商店系列・明治グループ等を系列化して誕生したのが第一勧銀グループである[4]

基になったグループ

古河三水会(古河グループ)
古河財閥の流れをくむ企業グループであり旧・第一銀行(旧・古河銀行)に親密。旧・渋沢財閥も含まれる。古河機械金属(旧・古河鉱業)が母体企業。
川崎睦会 
神戸川崎財閥(松方コンツェルン)の流れをくむ企業グループ。川崎重工業が母体企業。富士電機も歴史的背景から、関連性は多少はあるとされている。
第一原子力グループ 
第一銀行を中心とした企業グループ。1960年代に結成された。主に上記古河グループ・川崎グループの集合体だが、石川島重工業東洋紡績など渋沢栄一が設立に深く関わった企業も参入。また旧鈴木商店系列企業も多く入り、そのため中核商社は日商(現・双日)であった。しかし、後から伊藤忠商事も加わったため関係が複雑になった。また大和銀行(現・りそな銀行朝日火災の設立に当時の旧第一銀行も関与していた)も参加していた。
勧銀十五社会 
日本勧業銀行を中心とした企業グループ。中核商社は兼松。非財閥系の企業が多かった。諸事情により第一勧銀グループへの参加を見送った電通以外の14社が、同グループの社長会三金会)に加盟することとなる。なおセゾングループ(後に解体)も中核企業の西武百貨店が勧銀十五社会のメンバーだったことから第一勧銀グループに属していた。

グループ企業

ここでは2017年現在の三金会加盟企業及び既に三金会を退会した元加盟企業を掲載する。

渋沢財閥系列

古河財閥系列

神戸川崎財閥系列

鈴木商店系列

日窒コンツェルン系列

勧銀十五社会系列

外資系

その他

脱退

参考文献

脚注

注釈

  1. 但し戦前の財閥と異なりピラミッド型のコンツェルンではない。

出典

  1. 『講和から高度成長へ』、91頁。
  2. 2.0 2.1 『講和から高度成長へ』、93頁。
  3. 『講和から高度成長へ』、93-94頁。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 『講和から高度成長へ』、94頁。
  5. 5.00 5.01 5.02 5.03 5.04 5.05 5.06 5.07 5.08 5.09 5.10 5.11 5.12 5.13 5.14 5.15 5.16 5.17 5.18 5.19 5.20 5.21 5.22 5.23 5.24 5.25 5.26 5.27 5.28 5.29 5.30 5.31 5.32 5.33 5.34 5.35 5.36 5.37 5.38 5.39 5.40 5.41 「六大社長会の加盟企業 秘2017年版バージョン」『週刊ダイヤモンド』2017年7月29日号、32-33頁
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 6.5 六大企業集団の無機能化 (PDF) - 同志社大学学術情報検索システム内のページ。筆者は経済学者田中彰

関連項目