操作

朝日生命保険

朝日生命保険相互会社
Asahi Mutual Life Insurance Company
種類 相互会社
市場情報 非上場
略称 朝日生命
本社所在地 日本の旗 日本
100-8103
東京都千代田区大手町二丁目6番1号
設立 1888年明治21年)3月1日
(帝国生命保険株式会社)
業種 保険業
金融機関コード 9835
事業内容 生命保険業、その他付随業務
外部リンク http://www.asahi-life.co.jp/
特記事項:古河三水会の理事会社である。
格付け
 BB-(フィッチ)
 BB+(S&P)
 BB-(R&I)

ソルベンシー・マージン比率
 667.7%
(2015年3月31日現在)
テンプレートを表示

朝日生命保険相互会社(あさひせいめいほけん)は、相互会社形式の生命保険会社である。古河グループに属する。

概要

歴史も古く、生命保険大手5社の一角を長年に渡って占めていたが、2003年にミレアホールディングス(現:東京海上ホールディングス)との経営統合計画白紙撤回を契機に、個人保険分野への経営資源集中を図った。法人・公共団体を対象とした団体保険分野から事実上撤退したこともあり、4大生保(日本生命明治安田生命第一生命住友生命)との規模の差は広がっている(ソルベンシー・マージン比率は生命保険各社で下位[1])。

地方都市郊外)に5-10階建程度の賃貸用オフィスビルを多く擁している(殆どが1970年代から1990年代前半に竣工し老朽化が目立つ)。2003年竣工のJRタワーにおいては当社が共同事業主として参加し、「JRタワーオフィスプラザさっぽろ」の大半(12階から20階)を持分として有しているため、建物20階付近に社名章が掲げられている。

中堅損害保険会社の朝日火災海上保険との間に現在は資本関係が無い(同社は旧野村財閥系(野村不動産りそな銀行等)に属する企業であるが、元々は朝日生命も設立に携わっていた経緯がある)。

主力商品であるアカウント型保険「保険王」シリーズは、2001年(平成13年)4月より販売。

沿革

  • 1888年明治21年)3月1日 - 帝国生命保険株式会社として設立(近代的生命保険会社では2番目に設立)。
  • 1936年昭和11年)- 東洋生命を合併。
  • 1942年(昭和17年)- 前川生命(1939年に常磐生命と日本共立生命が合併)を合併。
  • 1947年(昭和22年)- 朝日生命保険相互会社として相互会社に改組し、商号変更。
    なお、この時に当時の大蔵省に「文化生命」のみで届け出るはずが、担当者の思いつきで「朝日生命」(社章が朝日から)を書き加え許可されている。また、「朝日生命」という社名は、これ以前に現在の大同生命の前身会社が使用していたが、全くの無関係である。
参照: 大同生命保険

本社機能

系列

関連企業

  • 朝日ライフアセットマネジメント
  • インフォテクノ朝日
  • 朝日生命カードサービス
  • 朝日エヌベスト投資顧問
  • 朝日生命ビジネスサービス
  • 公益財団法人 朝日生命成人病研究所付属 丸の内病院(生命保険会社で初の、成人病疾患の治療拠点)

ほか

スポーツ

脚注

関連項目

外部リンク