操作

あさひ銀行

株式会社あさひ銀行(あさひぎんこう、英称The Asahi Bank, Ltd.

都市銀行の旧名称。2003年(平成15)大和(だいわ)銀行と分割・合併し、りそな銀行、埼玉りそな銀行に再編された。

1991年(平成3)4月に協和銀行と埼玉銀行が対等合併し、協和埼玉銀行が誕生、1992年9月に「株式会社あさひ銀行」に商号変更した。貯蓄銀行を前身とする協和銀行と地方銀行として出発した埼玉銀行はともに大企業取引よりも、中堅・中小企業、個人取引を主力とするのでリテール(小口取引)トップ銀行を標榜(ひょうぼう)し、個人には身近なくらしのコンサルタントを、法人にはベスト・ブレイン(頭脳集団)として役だつことをモットーとし、長期経営計画も「ニューリテール」として展開した。しかし、1991年のバブル崩壊による平成不況が長期化し、金融システムへの不安が広がるなかで、銀行の再編が進行、あさひ銀行も他銀行との提携を目ざし、三和銀行、東海銀行(2002年に両行は合併しUFJ銀行となる。2006年より三菱(みつびし)東京UFJ銀行、2018年三菱UFJ銀行と改称)との合併の動きがみられたが、実現には至らなかった。2002年3月に大和銀行グループと経営統合し、持株会社「大和銀ホールディングス」(同年10月「りそなホールディングス」と改称)に参加した。さらに、2003年3月には大和銀行と分割・合併し、りそな銀行、埼玉りそな銀行に再編された。あさひ銀行の埼玉県内の店舗等は埼玉りそな銀行となり、りそなグループの一員として新しいスタートをきった。



Rakuten 楽天市場検索: