操作

手塚治虫

手塚 治虫
本名 手塚 治
生誕 1928年11月3日
日本の旗 日本大阪府豊能郡豊中町
死没 (1989-02-09) 1989年2月9日(60歳没)
日本の旗 日本東京都千代田区麹町
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
アニメーター
アニメーション監督
称号 勲三等瑞宝章
活動期間 1946年 - 1988年
ジャンル 少年漫画
少女漫画
青年漫画
代表作
受賞
公式サイト 手塚治虫公式web
手塚治虫公式facebook
テンプレートを表示

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年[注 1]昭和3年)11月3日 - 1989年平成元年)2月9日)は、日本漫画家アニメーター、アニメーション監督。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士奈良県立医科大学1961年)。血液型A型[1]戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。

概要

大阪帝国大学附属医学専門部[注 2] 在学中の1946年1月1日4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー。1947年酒井七馬原案の描き下ろし単行本新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。

1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ[注 3]鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。[注 4]

藤子不二雄藤子・F・不二雄藤子不二雄A)、石ノ森章太郎赤塚不二夫横山光輝水野英子矢代まさこ萩尾望都などをはじめ数多くの人間が手塚に影響を受け、接触し漫画家を志した。

脚注

  1. 生前は1926年生まれと自称していた「現代漫画6巻 手塚治虫集」(筑摩書房)著者紹介など。
  2. 大阪帝国大学附属医学専門部は、手塚が在学中の1947年10月に大阪帝国大学が大阪大学へ改称されたことに伴い大阪大学附属医学専門部と改称した。
  3. テレビアニメとしてはそれ以前に『もぐらのアバンチュール』『新しい動画 3つのはなし』『インスタントヒストリー』『おとぎマンガカレンダー』などが放映されている。
  4. 起源は開高健「マンガの神様・手塚治虫」(週刊朝日1964年2月21日号)。生前手塚治虫は著書『ぼくはマンガ家』のように、「漫画」より「マンガ」という表記を好んで使っており、それに習う。

  1. 元はB型と言われていたが、改めて検査をしたらA型だった。(『小池一夫対談集 ~キャラクター60年~』対談:手塚治虫)

外部リンク