操作

旧制専門学校

旧制専門学校(きゅうせいせんもんがっこう)

第二次世界大戦までの日本において、専門学校令に基づいて専門教育を行っていた高等教育機関である。

現在の単科大学に近いものとされ、その多くは現在の大学の前身でもある(旧外地の高等教育機関も参照)。

なお現在の日本における専門学校とは、専門課程を有する専修学校が称することができる[1]、実践的な職業等の専門技能を授ける教育機関であり、本項でいう専門学校とは系統を全く別にするものである。

関連事項



Rakuten 楽天市場検索:



  1. 学校教育法第126条の2