操作

鳥類

鳥類の模式図.jpg
鳥綱 Aves
生息年代: 後期ジュラ紀現世、150–0 Ma
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 鳥綱 Aves
学名
Aves
Linnaeus1758[1]
和名
「鳥(とり)」
英名
"Bird"
亜綱

鳥類(ちょうるい)鳥綱(ちょうこう、Aves

脊椎動物門の鳥綱に分類される動物の総称。体は流線形で,羽毛に覆われる。

口器はになり,前肢はに変形しており,飛翔力は多くが備えているが,ダチョウペンギン類など失った鳥もいる。

定温動物卵生のほか,骨格,内臓などに,飛行に有利な軽量化や代謝のための著しい適応が見られる。こうした特徴は約 6500万年前に絶滅したとされる恐竜も共有しているものがおり,鳥類は絶滅期を生き残った恐竜の系統であると考えられるようになった。

約 1億5000万年ほど前のジュラ紀後期には現れていたとみられる。生活様式は多様で,極地から熱帯まで,また地上,水中,空中など地球上のほとんどの環境に生息する。現生のものは約 1万種,40目 240科に分類されている。

脚注

  1. Systema Naturae 2000 / Classification, Taxon: Class Aves”. Project: The Taxonomicon. Universal Taxonomic Services (2014年1月26日). . 2014閲覧.

関連項目