操作

大阪国際空港(伊丹空港)

大阪国際空港から転送)
大阪国際空港
Osaka International Airport
(伊丹空港 Itami Airport)
IATA: ITM - ICAO: RJOO
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 大阪府豊中市
大阪府池田市
兵庫県伊丹市
種類 商業
運営者 関西エアポート株式会社
運用時間 7:00 - 21:00[1]
敷地面積 311.9[2] ha
標高 12 m (39 ft)
座標 北緯34度47分04秒東経135度26分21秒
公式サイト Osaka Airport
地図
大阪国際空港の位置
大阪国際空港の位置
ITM
大阪国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
14R/32L CAT I (32L側のみ)[1] 3,000×60 舗装
14L/32R なし 1,828×45 舗装
テンプレートを表示
大阪国際空港の位置(大阪府より)
大阪国際空港の位置(大阪府より)
ITM/RJOO
大阪国際空港の位置(大阪府より)


大阪国際空港(おおさかこくさいくうこう、:Osaka International Airport)

兵庫県伊丹市と大阪府池田市,豊中市にまたがる空港。2008年の空港法で定められた拠点空港の国管理空港で,旧第1種空港にあたる。総面積 3.11km2

用地の 73%を伊丹市が占めることから伊丹空港としても知られる。それまで木津川尻にあった大阪空港に代わるものとして,1939年大阪第2飛行場として開設。第2次世界大戦中は軍に供用され,戦後はアメリカ軍に接収されたが,1958年に返還された。

翌1959年に第1種空港に指定され,大阪国際空港と改称。1970年には従来の A滑走路(1828m)に加え B滑走路(3000m)も完成した。ところが,空港の面積が狭いうえ,周辺には人家が密集していることから騒音問題が深刻化,1969年と 1971年には周辺住民から国を相手に夜間の飛行禁止と損害賠償を求める訴えがなされ(伊丹空港騒音事件),1976年7月からは国際線,国内線ともに夜間の発着をとりやめることとなった。

その代替空港として関西国際空港が建設され,1994年の開港と同時に国内線の一部と国際線が移された。発着枠は 370枠を上限として,ジェット機 200枠,プロペラ機 170枠。

脚注

  1. 1.0 1.1 航空路誌(AIP JAPAN) RJOO AD 2(2013年10月17日有効)
  2. 管内空港の現況と出先機関-大阪国際空港”. 国土交通省大阪航空局. . 2018閲覧.

外部リンク