actions

大津事件


大津事件
場所 日本の旗 日本 滋賀県滋賀郡大津町(現大津市
日付 1891年明治24年)5月11日
概要 日本を訪問中のロシア帝国皇太子日本の警察官サーベルで斬りつけられ負傷した。
負傷者 ニコライ2世ロシア帝国皇太子
犯人 津田三蔵滋賀県警察部巡査
テンプレートを表示

大津事件(おおつじけん)は、1891年明治24年)5月11日日本を訪問中のロシア帝国皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が、滋賀県滋賀郡大津町(現大津市)で警備にあたっていた警察官津田三蔵に突然斬りつけられ負傷した暗殺未遂事件である。

当時の列強の一つであるロシア帝国の艦隊が神戸港にいる中で事件が発生し、まだ発展途上であった日本が武力報復されかねない緊迫した状況下で、行政の干渉を受けながらも司法の独立を維持し、三権分立の意識を広めた近代日本法学史上重要な事件とされる。裁判で津田は死刑を免れ無期徒刑となり、日本政府内では外務大臣青木周蔵内務大臣西郷従道が責任を負って辞職し、6月には司法大臣山田顕義が病気を理由に辞任した。

経緯

ファイル:Prince Nicolas at Nagasaki.jpg
事件前に訪問した長崎でのニコライ皇太子(上野彦馬撮影)

1891年明治24年)、シベリア鉄道の極東地区起工式典に出席するため、ニコライは御召艦パーミャチ・アゾーヴァ」以下ロシア帝国海軍艦隊を率いてウラジオストクに向かう途中、日本を訪問した。ニコライの一行は長崎鹿児島に立ち寄った後に神戸に上陸、京都に向かった。いまだ小国であった日本は政府を挙げてニコライの訪日を接待、公式の接待係には皇族である有栖川宮威仁親王海軍大佐)を任命、京都では季節外れの五山送り火まで行われた。次の訪問予定地である横浜東京でも歓迎の準備が進んでおり、まさに国を挙げての一大行事であった。

5月11日昼過ぎ、京都から琵琶湖への日帰り観光で、滋賀県庁にて昼食を摂った後の帰り道、ニコライ、共に来日していたギリシャ王国王子・ゲオルギオスゲオルギオス1世の三男)、威仁親王の順番で人力車に乗り大津町内を通過中、警備を担当していた滋賀県警察部巡査の津田三蔵が突然サーベルを抜いて斬りかかり、ニコライを負傷させた(地図)。ニコライは人力車から飛び降りて脇の路地へ逃げ込んだが、津田はニコライを追いかけなおも斬りかかろうとした。しかしゲオルギオスに竹ので背中を打たれ、ニコライに随伴していた人力車夫の向畑治三郎に両足を引き倒され、同じくゲオルギオス付き車夫の北賀市市太郎に自身の落としたサーベルで首を斬りつけられた後、警備中の巡査に取り押さえられた。ニコライは右側頭部に9cm近くの傷を負ったが、命に別状はなかった。威仁親王は現場に居合わせたものの野次馬に阻まれ、ニコライに近づくことができたのは津田が取り押さえられた後だった。

ファイル:From mutsuhito to takehito.jpg
威仁親王からの行幸要請に対する明治天皇の返電

留学軍事視察の経験から国際関係に精通していた威仁親王は、即座にこの事件を自分のレベルでは解決できない重大な外交問題と判断。随行員に命じて顛末を急いで書きまとめさせ、東京の明治天皇の元へ電報上奏するとともに、ロシア側に誠意を見せるため天皇の京都への緊急行幸を要請した。これを受けた天皇は直ちに了解し、威仁親王に到着までのニコライの身辺警護を命ずるとともに、即刻北白川宮能久親王見舞い名代のために京都へ派遣した。

事件翌日の5月12日早朝、明治天皇は新橋駅[注釈 1]から汽車に乗車、同日夜には京都に到着した。その夜のうちにニコライを見舞う予定であったが、ニコライ側の侍医の要請により翌日へ延期され、天皇はひとまず京都御所地図)に宿泊した[注釈 2]。威仁親王の兄の熾仁親王も天皇の後を追って京都に到着。翌13日に天皇はニコライの宿舎である常盤ホテル地図)に自ら赴いてニコライを見舞い、さらには熾仁威仁能久の三親王を引き連れてニコライを神戸まで見送った。天皇が謝罪したものの、ロシア本国からの指示もあってニコライは東京訪問を中止し、艦隊を率いて神戸からウラジオストクへと帰還の途についた。

5月19日、明治天皇自らが神戸港地図)のロシア軍艦を訪問する際には、「拉致されてしまう」と進言する重臣達の反対を振り切って療養中のニコライを再び見舞った。

小国であった日本が大国ロシアの皇太子を負傷させたとして、「事件の報復にロシアが日本に攻めてくる」、と日本国中に大激震が走り、さながら「恐露病」の様相を呈した。学校謹慎の意を表して休校となり、神社寺院教会では、皇太子平癒の祈祷が行われた。ニコライの元に届けられた見舞い電報は1万通を超え、山形県最上郡金山村(現金山町)では「津田」姓および「三蔵」の命名を禁じる条例を決議した。5月20日には、天皇の謝罪もむなしく皇太子が日本を立ち去ったことを知り、死を以って詫びるとし京都府庁の前で剃刀で喉を突いて自殺し、後に「房州の烈女」と呼ばれた畠山勇子のような女性も出現した。

背景

津田が斬り付けた理由は、本人の供述によれば、以前からロシアの北方諸島などに関しての強硬な姿勢を快く思っていなかったことであるという。また事件前、西南戦争で戦死した西郷隆盛が実はロシアに逃げ延び、ニコライと共に帰って来るというデマがささやかれており、西南戦争で勲章を授与されていた津田は、もし西郷が帰還すれば自分の勲章も剥奪されるのではないかと危惧していたという説もある。ただしニコライを殺害する意図は薄かったらしく、事件後の取り調べにおいても「殺すつもりはなく、一本(一太刀)献上したまで」と供述していたという記録もある。他にも当時はニコライの訪日が軍事視察であるという噂もあり、シベリア鉄道もロシアの極東進出政策を象徴するとして国民の反発があったことは確かである。

日本政府の動き

当時の日本は、何とか欧米植民地にならずに済んでいたものの、まだロシアに軍事的に対抗する力を持っていなかったため、賠償金領土の割譲まで要求してくるのではないかと危惧された。また事前に青木周蔵外相がロシア公使シェービッチ (Дмитрий Егорович Шевич) に対し、皇太子に危害が加えられた場合は「皇室罪」を適用すると密約していたことも混迷の原因となった[1]

そこで日本政府は、事件を所轄する裁判官に対し、旧刑法116条に規定する天皇や皇族に対して危害を与えたものに適用すべき大逆罪によって死刑を類推適用するよう働きかけた。伊藤博文は死刑に反対する意見がある場合、戒厳令を発してでも断行すべきであると主張した。また松方正義首相西郷従道内相山田顕義法相らが死刑適用に奔走した[注釈 3]。青木周蔵外相、井上馨などは消極的反対、逓信大臣後藤象二郎などは「津田を拉致し拳銃で射殺することが善後策になる」と語ったが、伊藤に日本は法治国家であるとして叱責された[注釈 4]

司法の動き

司法省刑事局長は河津祐之であった。旧刑法116条は日本の皇族に対して適用されるものであって、外国の皇族(王族)に対する犯罪は想定されておらず、法律上は民間人と全く同じ扱いにせざるを得なかった。つまり怪我をさせただけで死刑を宣告するのは法律上不可能であった。ただし裁判官の中でも死刑にすべきという意見は少なくなかった。

時の大審院院長(現在の最高裁判所長官)の児島惟謙は「法治国家として法は遵守されなければならない」とする立場から、「刑法に外国皇族に関する規定はない」として政府の圧力に反発した。要するに「国家か法か」という回答困難な問題が発生したのである。

事件から16日後の5月27日、一般人に対する謀殺未遂罪(旧刑法292条)を適用して津田に無期徒刑(無期懲役)の判決が下された[4]

公書問題

ロシアのシェービッチ公使は以前から日本に対して恫喝的な態度をたびたび取っており、この事件に関しても事件の対処にあたった青木周蔵、西郷従道内相らに死刑を強硬に要求した。事件後の6月4日には青木との密約を公表して抗議し、青木の責任問題となった(公書問題)。これに対して青木が「自分は伊藤博文と井上馨に言われて約束しただけである」と述べたが、伊藤はロシア側の真意を確かめよと指示しただけと反論し、もし自分が政府に迷惑をかけているなら枢密院議長を辞職するとした。重鎮である伊藤との対決は松方や山縣有朋も望んでおらず、責任は青木がとることとなった。青木は「自分の手記が公表されれば伊藤と井上の首が飛ぶ」と発言し、激怒した井上によってドイツ公使へと左遷された。またロシアの抗議自体も後任外相榎本武揚の奔走で撤回されることとなった[5]

青木はこの後伊藤から嫌悪され、政治家としての栄達を絶たれる原因となる[6]。とはいえ、その後も青木は第2次山縣内閣で再度外務大臣となったほか、枢密顧問官再任や駐米大使になるなど、活躍は続けた。

ロシアの対応

シェービッチ公使は、津田の無期徒刑が決定したことを知ると「いかなる事態になるか判らない」旨の発言をしている。ロシア皇帝アレクサンドル3世も暗に死刑を求めていた。しかし結果的には賠償要求も武力報復も行われなかった。ただし皇太子の負傷に関しては、皇帝も皇太子も日本の迅速な処置や謝罪に対して寛容な態度を示しており、日本がこの問題を無事解決できた理由の一つにロシアの友好的な姿勢があることは疑いない。以後、ロシアの公文書にて日本人をマカーキー()と記される時期が発生したといわれてはいるが、そういうことは無かったとの研究もある。また、日記の文面からもニコライ2世がこの事件で日本に対して嫌悪感を抱いたことは無いということが窺える[7]

事件後の影響

この事件判決で司法の独立を達成したことにより、まだ曖昧だった大日本帝国憲法三権分立の意識が広まった。しかし①大津地方裁判所で扱われるべき事件を正常な手続きなしで大審院に移したこと。これは、大逆罪の類推適用を考慮していた為、皇室罪に関する裁判はすべて大審院における一審において判決が下されることから、適用可否判断を含め地裁ではなく大審院に持ち込まれることになった。判事7人は大津に出張した。②裁判に直接関わっていなかった児島が干渉を重ねたこと。この2点は裁判官の独立等の問題として残った。権力の所在や運用が未熟・未分化であった時代を象徴した事件である。これらの問題、つまり三権分立や司法のあり方などは活発に議論されるようになった。また海外でも大きく報じられ、国際的に日本の司法権に対する信頼を高めた。このことは日本が近代法を運用する主権国家として、当時進行中であった不平等条約改正へのはずみとなった。ただしこの事件で青木が辞任したため、成立寸前の領事裁判権を撤廃した条約がまとまらず短期的には停滞した。

補足

ファイル:Rikshas from Otsu.jpg
左:北賀市、右:向畑。
胸に与えられた勲章がある。

人力車夫

この事件で津田を取り押さえるという功績を挙げた人力車夫、向畑治三郎と北賀市市太郎の二人は、事件後18日夜にロシア軍艦に招待された。この際、ニコライの要望により、正装ではなく、あえて人力車夫の服装のままで来るように要請された。そこでロシア軍水兵からの大歓迎を受けた。そしてニコライから直接聖アンナ勲章を授与され、当時の金額で2500円(現代の貨幣価値換算でおおよそ1000万円前後)の報奨金と1000円の終身年金が与えられた。日本政府からも勲八等白色桐葉章と年金36円が与えられた。当時、低い身分の職と見なされていた人力車夫勲章を与えることはきわめて異例であり、その後も2人は国内で「帯勲車夫」と呼ばれ一躍英雄として脚光を浴びることとなった。

前科のあった向畑は博打売春、怪しげな投機話に明け暮れ、勲章を没収された。日露戦争中には年金が停止される(ロシアは年金支給を続けたが、仲介する日本が停止した)。婦女暴行事件を起こし逮捕されている。ロシア革命でロシア政府が消滅し年金は完全に途絶え貧窮したものの、昭和期まで生きている。

北賀市は堅実に郷里の石川県で田畑を購入し地主となり、勉学を重ね郡会議員にまでなった。しかし日露戦争が始まると露探(「ロシアのスパイ」の意)扱いをされ、特に戦死者の遺族から糾弾を受けた。北賀市は家の表門に飾っていた勲章を取り外し、無実を証明するとして軍隊に志願した(受理はされなかった)。この波乱の人生をもとに1962年に勝新太郎主演で映画『鉄砲安の生涯』が制作された[8]。なお現在は知名度は高くはないものの郷里の英雄とされ、加茂神社に「北賀市市太郎生誕の地」の碑が立てられている。

DNA鑑定

1993年、皇帝ニコライ2世と推定される遺骨のDNA鑑定に使うため、ニコライの手当てをした布からDNAが採取された。

1998年になり、ニコライの骨と正式に認められ、ロシア正教会はニコライ2世を、ロシア革命の犠牲者として列聖した。

遺骨と血液のDNA鑑定

2007年、新たに発見された子供2人分の遺骨がニコライの行方不明の子らであるかどうか、詳細なDNA鑑定がなされた。大津で負傷したニコライの血がついたシャツは、エルミタージュ美術館に保管されていた。最初に検査にあたったマサチューセッツ・メディカル・スクール大学 (University of Massachusetts Medical School) のエフゲニー・ロガエフ教授 (Professor Evgeny Rogaev) は、「(古い血液から劣化したDNAを取り出すことは)かなり難しいだろうと思っていたが、驚いたことに非常に状態のよいDNAを抽出できた」と語った。

ロガエフ教授と、共に検査に臨んできたDirector of Research AFDILのMichael Coble博士は、1991年に発掘されていた遺骨のうち、女性の遺骨(推定アレクサンドラ)と子供3人分の遺骨がミトコンドリアDNA鑑定によって母子関係にあると証明した。新たに出てきた子供二人分の遺骨も、女性の遺骨と母子関係にあると証明した。そして、ニコライの血液のDNAにより、ニコライと父子関係にあることを確認した。

Coble博士は「遺骨がニコライとアレクサンドラの子である可能性は、そうでない可能性の実に4兆倍になる」と語った。2009年2月、2人は子供2人が行方不明だったニコライ夫妻の子・アナスタシア(またはマリア)とアレクセイであると正式に発表した[9]

大津事件を扱った作品

この他直接ではないがゆうきまさみ機動警察パトレイバー」の作中、登場人物の警察官が外国の要人に拳銃を向ける(ように見える)シーンにおいて触れられている。

映像その他

  • テレビドラマ『こがね虫』NHK,1961/10/25放映(主演・内藤武敏)- 襲撃犯をとりおさえた車夫のその後の人生を描いたもの[10]
  • 映画『鉄砲安の生涯』大映、1962年(主演・勝新太郎、監督・木村恵吾)- 上記のドラマ「こがね虫」の映画化[11]
  • 歌謡曲『がむしゃら鉄砲安』(歌・鉄砲光三郎)- ドラマ・映画同様、救国の英雄として称えられた車夫が日露戦争によって国賊扱いとなった悲劇を歌ったもの。

脚注

注釈

  1. 現在の2代目新橋駅ではなく、後の汐留駅。当時まだ東京駅は無く、この初代新橋駅が東海道本線起点であった。
  2. 読売新聞』のみが行在所を二条離宮(二条城)と報道。他紙および『明治天皇紀』は「京都御所」と記している。
  3. ただし山田の場合は、大津事件手記によると、内心では皇室罪の適用に消極的だったと思われる記述がある[2]
  4. 一部の書籍には発言者が陸奥宗光であるとされているが、青木周蔵日記によると後藤であると見られている[3]

出典

  1. 佐々木、71p
  2. 児島惟謙著『児島惟謙大津事件手記』関西大学出版部 ISBN 4873543754
  3. 佐々木、72p
  4. 『官報』第2373号、明治24年5月30日、p.362
  5. 佐々木、a74p
  6. 佐々木隆『藩閥政府と立憲政治』(吉川弘文館
  7. 保田孝一 『最後のロシア皇帝 ニコライ二世の日記』(朝日選書、のち講談社学術文庫
  8. 鉄砲安の生涯Movie Walker
  9. ナショナルジオグラフィックチャンネル「あなたの知らない世界史」第3話「ロマノフ家 処刑の謎」
  10. 芸術祭参加作品 こがね虫テレビドラマデータベース
  11. 鉄砲安の生涯Movie Walker

参考文献

関連文献

  • 「大津事件の再評価」田岡良一、有斐閣 1976
  • 「大津事件の真相」 早崎慶三 サンブライト出版(近江文化叢書)1987.11
  • 「大津事件 露国ニコライ皇太子の来日」野村義文 葦書房 1992.10
  • 「論考大津事件」山中敬一 成文堂 1994.12
  • 「大津事件の再構成」新井勉 御茶の水書房 1994.1
  • 「大津事件顛末録 花井卓蔵の法廷史録 別巻」児島惟謙 大空社 1997
  • 「大津事件と明治天皇 封印された十七日間」礫川全次 批評社 1998.8
  • 「大津事件考」鎌倉利行 大阪大学出版会 2003.10
  • 「大津事件の謎に迫る 消えた「児島大審院長意見書」の行方」大場義之 文藝春秋企画出版部 2006

関連項目

外部リンク