操作

明治天皇

[生] 嘉永5(1852).9.22. 京都
[没] 1912.7.30. 東京

第 122代天皇 (在位 1867~1912) 。孝明天皇第2皇子。母は大納言中山忠能の女権典侍慶子 (よしこ) 。名,睦仁。幼名,祐宮 (さちのみや) 。養母は皇后九条夙子 (あきこ) 。慶応3 (1867) 年1月践祚,関白二条斉敬が摂政となった。同年討幕の密勅が出されて王政復古が成り,天皇を頂点とする明治新政府が成立。即位大礼,明治改元,東京遷都,地方巡幸などとともに天皇の神格化が進められた。 1881年陸海軍人に大元帥として軍人勅諭を発し,89年大日本帝国憲法の発布,皇室典範の制定によって天皇の国家統治の大権,陸海軍の統帥権が明確にされた。また 90年の教育勅語は忠君愛国を国民道徳の中心として教え,日清・日露戦争の勝利とあいまって天皇制の頂点の座を確立した。陵墓は京都市伏見区の伏見桃山陵。