操作

リヴァプール

シティ・オブ・リヴァプール
City of Liverpool
イングランドの旗
位置
リヴァプールの位置の位置図
リヴァプールの位置
位置
[[File:テンプレート:Location map United Kingdom|280px|リヴァプールの位置]]
<div style="position: absolute; z-index: 2; top: 構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。%; left: 構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。%; height: 0; width: 0; margin: 0; padding: 0;">
[[File:テンプレート:Location map United Kingdom|6x6px|リヴァプール|link=|alt=]]
<div style="font-size: 90%; line-height: 110%; z-index:90; position: relative; top: -1.5em; width: 6em; 構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。">リヴァプール
座標 : 西経3度0分北緯53.417度 西経3度53.417; -3
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗 イングランド
 リージョン ノース・ウェスト・イングランド
 大都市カウンティ マージーサイド
 市 シティ・オブ・リヴァプール
地理
面積  
  市域 111.84 km2 (43.2 mi2)
標高 70 m (230 ft)
人口
人口 (2014年現在)
  市域 473,073人
    人口密度   4,230人/km2(11,000人/mi2
  市街地 864,122人
  都市圏 2,241,000人
公式ウェブサイト : www.liverpool.gov.uk/

リヴァプール(Liverpool)は、イギリスイングランド北西部マージーサイド州の中心都市である。面積は111.84平方キロメートル、2015年の人口は47万8580人[1]。かつてはイギリスの主要な港湾都市であったが、世界的ロック・バンドであるザ・ビートルズの出身地であることから、いまでは観光都市として知られる。2008年の欧州文化首都の一つ。

地勢

アイリッシュ海に面し、マージー川の河口に位置する。18世紀より貿易港として発展した。近隣の都市としては、約50キロ東に位置するマンチェスター、約25km南に位置するチェスターなどが挙げられる。マンチェスターとは市域面積及び市域人口がほぼ同じ。

歴史

街の建設

最初に記録に現れるのは1195年、"Liuerpol"または"dirty pool"としてである。それから12年後、1207年ジョン王が都市建設を勅許し、まだ村であるリヴァプールに自由都市の特権をあたえた[2]。とはいえ、しばらくは小さなで、16世紀中ごろの人口は600人程度であった。

成長・発展

しかし17世紀末に近郊のチェスター港が泥の堆積によって衰退、チェスターに代わってイングランド北西部商業都市の代表格にのし上がり、郊外では製造業が成長、アメリカおよび西インド諸島との貿易が増大するにしたがい町は繁栄した。1715年、イギリス初の係船ドックが建設される。植民地との貿易が盛んになった18世紀当時のイギリスは、ヨーロッパからアフリカ日用品火器を、新大陸からヨーロッパへ砂糖などを持ち込む「大西洋三角貿易」において、ほぼ独占的な地位を築いており、リヴァプールは、この北アメリカ西アフリカをむすぶ三角貿易の拠点として中心的な役割を果たしたのである。ただし、これはおもに奴隷貿易で急速に発展したという負の歴史があることも意味する。

三角貿易などを通じて資本蓄積を成し遂げたイギリスは、世界にさきがけて産業革命を進展させた。こうしたなか、リーズ・リヴァプール運河の本線は1816年に完成した、及び1830年にはリヴァプールと内陸のマンチェスターを結ぶ鉄道が開通し、1860年代には鉄道交通の要所となる。綿織物工業が発展していたマンチェスターから運ばれた商品は、この街の港から世界に輸出され、19世紀末にはロンドンに次ぐ「帝国第二の都市」とまで呼ばれるようになった。また、シノワズリ(中国趣味)を摸した陶器生産の拠点でもあった。この間、多くの移民が主にアイルランドから労働者として流入し、人口が急増。19世紀にはアメリカとの貿易および客船業務でイギリス第一の港に成長した。

衰退

最盛期は80万人近い人口を抱え、イギリス有数の工業都市・交易都市として栄えたリヴァプールだったが、第二次世界大戦時にドイツ軍のはげしい爆撃にさらされ、1940年代後半、綿貿易と繊維産業は急速に衰退した。さらに、1950年代以降イギリス全体が長期の不況に陥るのと並行して急速に斜陽化し、次第に地位が低下していった。

再建

だが、1960年代から1970年代には大規模なスラム浄化と再建計画がはじまり、現在は、港湾部の歴史的な施設、ビートルズゆかりの建物、街角に配したアート・オブジェなどを活用した観光に力を入れており、今では観光が街の経済を支える規模になっている。18世紀から19世紀の海港都市としての姿を残している一部の地区は「海商都市リヴァプール」の名で、2004年ユネスコ世界遺産に登録され、それがさらに観光産業の追い風になっている。

経済

港では、穀物・食料・木材・非鉄金属・繊維などを輸入し、アイルランド行きの客船もでている。製造業は、医薬品・電気器具・精製糖類・粉製品・ゴム製品などの製造が盛ん。郊外では自動車の生産や精油もおこなわれる。

交通

飛行機

ジョン・レノンの名前を冠したリバプール・ジョン・レノン空港が市内にあるが、比較的近郊にあるマンチェスター空港のほうが規模が大きく、同空港からもリヴァプール行きの鉄道やバスが利用できるので欧州系の航空会社などで日本から同市を訪れる場合には、マンチェスターを取り敢えず目指すという方法もある。

鉄道

主な駅としてライム・ストリート駅があり、長距離列車はほぼ1時間に1本でロンドンユーストン駅まで2時間半。このほかマンチェスターバーミンガムなど、各地から列車が来る。

このほかにマージーレイルEnglish版が、ライム・ストリート駅を中心にチェスターや空港その他に向けて運行されている。

バス

ロンドンから5時間。他地域へのバスもある。

教育・文化

リヴァプールにはリヴァプール大学リヴァプール・ホープ大学English版リヴァプール・ジョン・ムーア大学English版などの教育機関があり、多くの学生が学んでいる。また、市街の世界遺産を生かして芸術政策にも力を入れており、アルバート・ドックEnglish版の一部を利用しているテート・リバプールと、マージーサイド海事博物館English版リヴァプール・ワールド・ミュージアムEnglish版ブルーコート・チェンバーズEnglish版など、多くの博物館・美術館がある。このうち、マージーサイド海事博物館はヨーロッパ産業遺産の道のアンカーポイントの一つにもなっている。

多くのミュージシャンを輩出し、リバプールサウンドの言葉も生まれた。

食物としてはスカウスが有名であり、リヴァプールの人や言葉のこともスカウスと呼ぶ。

観光

ファイル:The Three Graces, Liverpool - 2012-05-27.jpg
「リヴァプールの三美神」と称されるロイヤルリヴァービルディング(Royal Liver Building)、キューナードビルディング(Cunard Building)及びポートオブリヴァプールビルディング(Port of Liverpool Building)。いずれもピア・ヘッド(Pier Head)に位置する。保険会社のビルであるロイヤルリヴァービルディングの屋上には、街のシンボルで同社のシンボルでもあるライバー・バード(Liver bird)の像が見える。
港湾部

海商都市リヴァプール」の名で、港湾地区の一部、ピア・ヘッド(Pier Head)と呼ばれる港湾部隣接地区の商業ビル群(含、「リヴァプールの三美神」)、またドックやレンガ造りの倉庫群等々が、ユネスコの世界遺産に登録されており、連日多くの観光客が訪れる。

リヴァプール大聖堂English版

20世紀になってもイギリスのゴシック・リヴァイヴァルが存続していたことは、建築家サー・ジャイルズ・ギルバート・スコットEnglish版(1880年 - 1960年)による英国国教会の大聖堂にある。スコットが1903年の建築コンペで優勝した時は22歳だった。 1904年に建築が始められ、1978年に完成した[3]。外観は赤砂岩造りで、ヴォールトの上の屋根材にはコンクリートが使われている。高さ101メートルの塔は1932年にスコットにより完成されたが、身廊が公開される前に彼は亡くなった。ロンドンのセント・ポール大聖堂の約2倍の大きされている。

リヴァプールメトロポリタン大聖堂English版

1960年代に建てられたローマ・カトリック教会のリヴァプール大司教区の大聖堂である。フレデリック・ギバードによるモダニズム式のデザイン。フロア全体は円形であり、中央の司教の座を聴衆が取り囲むことになる。ジョン・パイパーEnglish版パトリック・レンチェンズEnglish版の色彩豊なステンドグラスが有名である。

ビートルズ関連

「ビートルズの出身地」として世界的に知られ、現在も世界中のビートルズファンが訪れ、ビートルズゆかりの場所や建物を訪ねる。

  • ビートルズ・ストーリー - 港湾部にあるビートルズに関するミニ博物館。世界遺産「海商都市リヴァプール」の一角に位置し、その流れで見ることができる。年間およそ30万人の観光客が訪れる。2009年、ボブ・ディランが乗車したことが話題になった。
  • 「マジカル・ミステリー・ツアー」(Magical Mystery Tour)という名のバス・ツアーがあり、これを利用すると、リバプールにあるビートルズゆかりの地の多くを2時間ほどで一気に巡ることができる。
  • ビートルズがデビュー前に演奏していた地下の酒場(ホール)「キャヴァーン・クラブ」は、一度は閉店になったが、場所を通り向かいに移して当時の設計・雰囲気で再開し、現在も夜になるとさまざまなバンドの演奏が聴ける酒場で、1階の階段入口前は多くの観光客が立ち寄り写真を撮るスポットとなっている。
  • ビートルズのメンバーが青年時代を過ごした家がナショナル・トラストによって保存されている[4]
    • ジョン・レノンが5歳から二十数年過ごした家(結果として、彼の生涯で最も長く過ごした家)、通称「メンディップス」(Mendips)も、レノンの死後も、ナショナル・トラストに管理される形で保存されており、門の前は観光客の写真スポットとなっている。そしてレノンのこの家から徒歩数分の距離には「ストロベリー・フィールド」(Strawberry Field)という名の孤児院の跡地が残っているが、これは楽曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」(Strawberry Fields Forever)のモチーフになった場所である(レノンはここを「大人になることから逃れられる場所」として思い描いていたとする評論家もいる)。
    • ビートルズのデビュー前にポール・マッカートニーが数年生活した家「20フォースリン・ロード」(20 Forthlin Road)も、ナショナル・トラストによって保存されている。
  • ペニー・レイン(Penny Lane)という、かつて銀行で、今は薬局になっている場所もある。同名の楽曲のモチーフを与えた場所で、労働者の息子のマッカートニーがある日、バス停でバスを待っていたところ、そこに街で唯一の自動車所有者であるペニー・レイン銀行の男が自動車で通りかかって、家に自動車が無いマッカートニーはそれをやっかみ、自動車を所有する銀行家のことを「おかしいね」とあざ笑うかのような歌詞、当時のその界隈特有の経済状況を知る地元民以外にはさっぱり意味が通じない、とてもローカルな歌詞が生まれることになった)。

スポーツ

この街を本拠地とするサッカークラブリヴァプールFCエヴァートンFCがあり、伝統的にライバル関係にある。両者の対戦は「マージーサイド・ダービー」と呼ばれる。著名な選手としては、リヴァプールはアラン・ハンセンケビン・キーガンスティーヴン・ジェラードジェイミー・キャラガーマイケル・オーウェンら、エヴァートンはゲーリー・リネカーウェイン・ルーニーらを輩出している。両チームのチーム・カラーはそれぞれ、赤と青。リヴァプールの住民は、ひとりひとり、「リヴァプール」ファンか「エヴァートン」ファンであることを楽しんでおり、地元では「Are you "RED", or "BLUE"?」と訊ねるだけで互いに意味が通じ、「I'm RED!(=リヴァプールのファン)」とか「I'm BLUE!(=エヴァートンのファン)」と老若男女、誰もが即座に答え、サッカー談議に花が咲くような状態であり、両チームは、住民全体の地元チーム愛に支えられている。しかも、リヴァプール市民は、異なるチームを応援している人も含めて応援し、仲が良い。

シンボル

市のシンボルは、ライバー・バードEnglish版という鳥。港湾部に本社がある保険会社のシンボルにもなっている。地元市民の間では「ライバー・バードが飛び立つとリバプールは滅びる」という伝説も語られている。

出身人物

姉妹都市

脚註

  1. Population Estimates for UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland, Mid-2015”. Office for National Statistics (2016年6月23日). 2015年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 6 July 2016閲覧. NUTS3 is UKD72
  2. 当初は対アイルランドスコットランドの前線基地として建設された。Oxford Dictionary of National Biography, Liverpool at 800, 2007年10月1日参照。
  3. デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. . 2018閲覧.
  4. Beatles Childhood Homes National Trust

外部リンク

政府

観光

その他