actions

バーミンガム

シティ・オブ・バーミンガム
City of Birmingham
イングランドの旗
位置
バーミンガムの位置の位置図
バーミンガムの位置
座標 : 西経1度54分23秒北緯52.48361度 西経1.90639度52.48361; -1.90639
歴史
Founded 6世紀
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗 イングランド
 リージョン ウェスト・ミッドランズ
 大都市カウンティ ウェスト・ミッドランズ
 市 シティ・オブ・バーミンガム
地理
面積  
  市域 267.77 km2 (103.4 mi2)
標高 140 m (459 ft)
人口
人口 (2005年現在)
  市域 1,010,200人
公式ウェブサイト : http://www.birmingham.gov.uk/

バーミンガム英語: Birmingham[ˈbɜːmɪŋəm])は、イングランドウェスト・ミッドランズ (West Midlands) に属す工業都市である。人口は100万人ほどで、近郊を含む都市的地域の人口は229万人であり、同国第2位である[1]。地元では首都ロンドンに次ぐ第2の大都市とされており、実際にロンドンに次ぐ市域人口・都市圏人口を有するが、イギリスの世論調査では、マンチェスターを第2の都市とする意見のほうが多い[2]。同国有数の世界都市であり、1998年サミット開催地である。

歴史

18世紀まで特徴のない小さな村であったバーミンガムは、産業革命の進展にともない運河鉄道の交叉点になったこともあり、工業都市として発展した。蒸気機関を発明したジェームズ・ワットや、金属加工のマシュー・ボールトンなどがバーミンガムで活躍していた。

地理

昔からの交通の要衝であり、ロンドンとリヴァプールを結ぶ線のちょうど中間点あたりに位置する。1838年にはロンドンリヴァプールと鉄道で結ばれた。近隣の都市としては、約55キロ北東にダービー、25キロ東にコヴェントリー、55キロ東にレスターが位置する。

経済

ミッドランズ炭田地帯に位置し、近接して鉄鉱山もあり自動車・航空機・化学薬品などの工業が発達し、周辺を含めてブラック・カントリー(黒郷)と呼ばれる重工業地域を形成する。産業革命期のジェームズ・ワットマシュー・ボールトンによるソーホー金属工場の建設を機に大工業都市に発達した。

町の全てが煤煙で黒一色となり、スモッグのために太陽が隠され一日中闇に覆われたブラックカントリーで育ったJ・R・R・トールキンは、自らの小説の中でバーミンガムを暗黒の国「モルドール」のモデルとした。

交通

文化

スポーツ

バーミンガムにはバーミンガム・シティFCアストン・ヴィラFCという2つのフットボールクラブが存在している。陸上競技の国際大会・英国グランプリを開催している。

クリケットではエジバストン・クリケット・グラウンドがあり、ウォリックシャーCCCの本拠地として利用されているほか、テストマッチなどが行われる。

姉妹都市

バーミンガムは以下の姉妹都市と提携している:

出身人物

関連項目

脚注

外部リンク

政府
観光


テンプレート:バーミンガム地域 テンプレート:Wards of Birmingham