操作

シカゴ

英: Chicago

アメリカ合衆国イリノイ州北東端,ミシガン湖畔にある都市。合衆国有数の大都市で,気候は大陸的である。1803年要塞が築かれ,1832年入植が始まった。1848年イリノイ―ミシガン運河が完成し,1852年東部から鉄道が通じて交通の要衝,重要な港として急速に発展。南北戦争以後工業化が進み,商工業都市として繁栄し,大都市圏の人口で州人口の 53%を占める。トウモロコシ地帯,コムギ地帯を後背地としているため農産物の大集散地で,大規模な家畜市場がある。シカゴ商品取引所では世界のコムギ価格が決定されるといわれる。農業,鉱山,電気通信などの機械工業,畜産,車両工業が盛ん。またカリュメット地区の鉄鋼業,付近の石油,石炭の産出により重工業地帯を形成する。1871年の大火以後,労働運動が激化し,以後労働運動の中心地となる。金融の中心でもあり,シカゴ・マーカンタイル取引所には各国通貨の先物市場がある。住民はスカンジナビア人,ポーランド人,ドイツ人,ロシア人,アイルランド人など多様で,日本人,中国人も多い。20世紀初期の禁酒法時代は賭博と犯罪の町として知られ,地下組織の支配者アルフォンス・カポネは有名。市内には 110階建てのウィリスタワー(旧称シアーズタワー。442m),巨大なコンベンション施設であるマコーミックセンターなどが並び,北西郊外にオヘア国際空港がある。シカゴ交響楽団は世界的に著名で,シカゴ大学(1890創立),シカゴ美術館などの文教施設,シカゴ・トリビューンなど,マスコミ・出版関係の会社も多い。人口 269万5598(2010)