操作

マジャル人

マジャル人
Magyarok
総人口
c. 1400万人から1500万人
居住地域
ハンガリーの旗 ハンガリー 9,416,045人テンプレート:Lower
ハンガリーの周辺国 250万人ほど
 ルーマニア 1,434,377  (2002)テンプレート:Lower
スロバキアの旗 スロバキア 520,528  (2001)テンプレート:Lower
セルビアの旗 セルビア 293,299   (2002)テンプレート:Lower
 ウクライナ 156,600  (2001)テンプレート:Lower
 オーストリア 40,583  (2001)テンプレート:Lower
クロアチアの旗 クロアチア 16,595  (2001)テンプレート:Lower
スロベニアの旗 スロベニア 6,243  (2002)テンプレート:Lower
ヨーロッパ各国 30万人から50万人
ドイツの旗 ドイツ 120,000  (2004)テンプレート:Lower
イギリスの旗 イギリス 80,135  (2001)
 チェコ 14,672  (2001)テンプレート:Lower
トルコの旗 トルコ 6,800  (2001)テンプレート:Lower
ロシアの旗 ロシア 3,768  (2002)テンプレート:Lower
アイルランドの旗 アイルランド 3,328  (2006)[1]
マケドニア共和国の旗 マケドニア 2,003  (2002)[2]
北アメリカ 200万人前後
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1,563,081  (2006)テンプレート:Lower
カナダの旗 カナダ 315,510  (2006)テンプレート:Lower
南アメリカ 20万人から100万人テンプレート:Lower
ブラジルの旗 ブラジル 80,000テンプレート:Lower
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 40,000-50,000テンプレート:Lower
オセアニア  (AUS / NZL) 7万人テンプレート:Lower
オーストラリアの旗 オーストラリア 67,616
 ニュージーランド 1,476
アジア 10,000人ほど
タイ王国の旗 タイ 3,029
フィリピンの旗 フィリピン 1,114
アフリカ 10,000テンプレート:Lower
言語
マジャル語
宗教
カトリックプロテスタント(ハンガリー改革派協会ルーテル教会、そしてユニテリアン)が優勢であるが、ハンガリー東方典礼カトリック教会ユダヤ教無宗教も含まれる
ファイル:Dist of hu lang europe.png
マジャル人の分布及び割合
ファイル:Hungarians in Romania.png
ルーマニアにおけるマジャル人の割合
ファイル:Yugoslavia 2008 ethnic map fr.svg
ユーゴスラビアの民族分布(2008年)。ハンガリーと接する地域の、青色の地域が旧ユーゴスラビアのハンガリー人。
ファイル:Honfoglalas.gif
マジャール人の移動の歴史

マジャル人[3](マジャルじん、ハンガリー語: Magyarok)は、国家としてのハンガリーと歴史的に結びついた民族マジャール人(Magyár)とも呼ばれる。

概略

かつてはモンゴル系遊牧民の流れを汲むという説[4]があったため、古い資料にはこの名前ではなく「モンゴル系ハンガリア(ハンガリー)人」と呼ばれていた[5]、そのため「マジャル」は「モンゴル」が転訛した呼称の場合があるという。

固有の言語はウラル語族のうちウゴル諸語に属するハンガリー語であり、現在の人種は混血の繰り返しによるコーカソイドであるが、元来のモンゴロイドの遺伝子も低頻度から中頻度に持つ。民族としてはテュルク系諸族バシキール人クマン人オグールブルガール人)など)とイラン系ペルシア系[6][7]をはじめドイツ系オーストリア人)とラテン系ルーマニア人イタリア人の一部)の一部[7]ギリシャ人[7]スラヴ人西スラヴ人南スラヴ人[7]ユダヤ系アシュケナジム[8]などが複雑に混じっている。

他のウラル語族と異なり、上記のようにテュルク系諸族と混血が多く、騎馬遊牧民騎馬民族)を主とする生業を起源としていた。

分布

マジャル人の総人口は約1450万人で、そのうちハンガリーには約950万人(2001年)[9]のマジャル人が居住している。彼らは、およそ1000年間にわたり存在していたハンガリー王国の主要民族であったが、トリアノン条約による領土の分割の結果、多くのマジャル人がハンガリー周辺諸国の少数民族として生活しており、その内訳はルーマニアトランシルヴァニア地方の大部分とワラキア地方の一部をあわせての144万人をはじめとして、スロバキアの52万人、セルビアヴォイヴォディナ自治州に29万人、ウクライナおよびロシアの17万人、オーストリアの4万人、クロアチアの1万6000人、チェコの1万5000人、そしてスロベニアの1万人となっている。また、マジャル人を祖先にもつ民族集団は世界の様々な地域(例えばアメリカ合衆国に140万人)に居住しているが、ハンガリー語及びハンガリーの文化や伝統を現在も保持している人々は少数にすぎない。

起源

一般的にはマジャル人の起源は以下のように説明される[10]。当時のマジャル人はニェーク・メジェル・キュルト・ジャルマト・タリャーン・イェーネ・ケール・ケスィなどの有力8部族に分かれていた[7]

マジャル人はウラル山脈の中南部の草原で遊牧を営み、5世紀ころからアゾフ海北岸付近でテュルク系のオグール(ブルガール人の祖)と混合を繰り返した[7]9世紀ごろになると東ヨーロッパにむけて、集団移動を開始して、西方の黒海北岸に到達した。さらにロシア南部のヴォルガ川南岸を拠点とした大首長(ジュラ)アールパードは名誉最高首長(ケンデ)クルサーンとともにマジャル人を率いてハンガリー平原に移住し、その後、彼らは生活圏を広げた。アールパードはアールパード家の祖となった。

955年にアールパードの孫タクショニュが、レヒフェルトの戦いにおいてオットー1世に敗れると、タクショニュは今までの部族の宗教だった自然崇拝を廃止し、ハンガリーの繁栄のためにキリスト教化政策を進め、とくにカトリックを普及させて、ハンガリー平原に統一国家を建設するに至った。10世紀後半には、タクショニュの孫イシュトヴァーン1世は本格的にキリスト教(カトリック)に改宗し、ローマ教皇からハンガリー王の戴冠を受け、ハンガリー王国が成立した。

同時に「マジャル人」は歴史的に多くの民族の影響を受けて、上記のように混血を重ねている[11]ドハーニ街シナゴーグに代表されるユダヤ教改革派は、ユダヤ教徒のハンガリー人である[8]

文化性

バルトーク・ベーラ(姓・名の順、以下同様)作曲・バラージュ・ベーラ(ユダヤ系)脚本のオペラ青髭公の城」は、サボー・イシュトヴァーン監督、ショルティ・ジェルジ(ゲオルク・ショルティ)参加の映画化が決定されていた(ショルティは死去する)。サボーはショルティに「ハンガリーに優れた音楽家が生まれるのはなぜか」と聞かれ、「マジャル性とユダヤ性との混交、そこにハンガリー音楽の特性がある」と述べている。チャールダーシュという言葉を初めに使ったロージャヴェルジトランシルバニア民謡を採集しバルトークを引き継いだリゲティもユダヤ系ハンガリー人であった[8]。また、バルトークは純粋なハンガリー民謡のみならず、当時のハンガリー王国内に居住していた様々な民族の民謡を採集し、作曲の素材として用いている。そうした多民族性は、ハンガリー音楽・文化を解く重要な鍵としている。

言語

周辺諸族と異なり、マジャル人はウラル語系に属するウゴル系語マジャル語を話す。

人種・遺伝子

マジャル人の人種としては、上記のようにコーカソイド化した元モンゴロイドで、様々な多民族の混血で構成されている。

遺伝子としては、コーカソイドをベースとしたタイプとして、ロシア人などと同様にハプログループR1a (Y染色体)が最多であり[12]ヨーロッパ各地に広くみられるハプログループI (Y染色体)や、民族的に親近関係にあるバシキール人と同様にY染色体ハプログループR1bの遺伝子もほぼ高~中頻度で見られる[13]

その一方、モンゴロイドをベースとした遺伝子は複数のテュルク系民族などの血筋によるハプログループC2が中~低頻度で見られる傾向にある。ウラル系ハプログループN (Y染色体)は非常に低頻度である。

脚注

  1. CSO Ireland - 2006 Census
  2. Republic of Macedonia - State Statistical Office
  3. 一般的に用いられる「ハンガリー人」は、本項で解説するマジャル民族を指す他に、民族に関係なく、「ハンガリー」に居住する人という意味をも持つため、特に民族について言及する際に「マジャル人」という呼称が用いられることがある。
  4. 厳密には「マジャール人はフン族あるいはアヴァールの流れを汲む民族」、「フン族あるいはアヴァールはモンゴル系」という説。詳しくは「フン族」と「アヴァール」などを参照。
  5. 古畑種基『血液型の話』岩波新書、1962年、183P。なお原文は「蒙古系ハンガリア人」表記。
  6. 『民族の世界史4 中央ユーラシアの世界』(護雅夫岡田英弘箸/山川出版社1990年)より。
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 『ハンガリーの歴史』(南塚信吾著/河出書房新社2012年)頁7、9-10より。
  8. 8.0 8.1 8.2 ハンガリーではユダヤ人も貴族として優遇された(『ハンガリーの歴史』頁29-32)より。
  9. 18. Demographic data – Hungarian Central Statistical Office
  10. 一般的に、フィン・ウゴル語派の故地はロシアのサンクトペテルブルク付近のイングリアと考えられているが、マジャル人の故地と若干異なる。
  11. フンアヴァールゲルマン人ケルト人キンメリオス人サルマートスキタイカフカスハザールクマンパローツアラン人スラヴ人ルーマニア人ユダヤ人ロマシンティ)、ドイツ人アルメニア人など。
  12. Ornella Semino et al 2000, The Genetic Legacy of Paleolithic Homo sapiens sapiens in Extant Europeans: A Y Chromosome Perspective.
  13. Lobov. Y chromosome analysis in subpopulations of Bashkirs from Russia

関連項目

外部リンク


テンプレート:ウラル系民族