操作

黒海

Black Sea map.png
黒海
座標 東経35度北緯44度 東経35度44; 35
種類 内海
主な流入 ドナウ川ドニエプル川リオニ川南ブーフ川クズルウルマク川ドニエストル川
主な流出 ボスポラス海峡
ブルガリアルーマニアウクライナロシアジョージアトルコ
最長 1,175 km (730 mi)
水面積 436,402 km2 (168,500 sq mi)
平均水深 1,253 m (4,111 ft)
最深部 2,212 m (7,257 ft)
水量 547,000 km3 (131,200 cu mi)
10以上

黒海(こっかい)

南東ヨーロッパと西アジアの間に位置する内海。ロシア語ではチョルノエモーレ Chernoye More,トルコ語ではカラデニズ Karadeniz。古代ギリシア語ではポントスエウクセイノス Pontos Euxeinosと呼ばれた。地中海付属海で,ボスポラス海峡マルマラ海ダーダネルス海峡を経て地中海とつながり,ウクライナ,ロシア,ジョージア(グルジア),トルコ,ブルガリア,ルーマニアに囲まれる。面積 42万3000km2ケルチ海峡で結ばれる北のアゾフ海を含めると約 47万km2。平均水深 1197m。北部,西部には広大な大陸棚が発達,南に向かって深くなり,2210mに達する最深部は南岸に近い中央部にある。表層部の平均水温は冬季で 6℃,夏季 26℃。塩分濃度は外洋の約半分程度で,表層で 17‰,深部で 22.3‰であるが,マルマラ海の水が流入するボスポラス海峡付近では 38‰になる。沿岸には保養地が多く,ニシン,チョウザメなどが漁獲される。古代から東西貿易の中継地にあたり,前8世紀からは沿岸各地にギリシアの植民市が建設された。ビザンチン帝国時代にはササン朝ペルシアやキエフ諸公(キエフ公国)の抗争の舞台となり,14世紀頃からオスマン帝国が進出,トルコ領内の海と化した。18~19世紀になると数次にわたる露土戦争によって,トルコの独占権はしだいにせばめられ,1912年の第1次バルカン戦争(バルカン戦争)後,沿岸諸国の関係がほぼ今日のかたちをとるにいたった。沿岸主要港はウクライナのオデッサ,ロシアのノボロシースク,トルコのシノップ,ブルガリアのバルナ,ルーマニアのコンスタンツァなど。




Rakuten 楽天市場検索:



{DEFAULTSORT:こつかい}}