actions

サーサーン朝

ササン朝から転送)

(サーサーンちょう、英: Sassanid、波: ساسانيان‎ - Sāsāniyān 、226年 - 651年)

アルダシール1世によって創建され,アラブ人に滅ぼされたイランの王朝 (226~651) 。その名称は同王朝の祖先であり,イスタクルの祭司であったササンに由来する。アケメネス朝の再興を目指し,ゾロアスター教を国教とする神政国家の性格を有する中央集権的官僚国家を樹立したアルダシール1世は,226年アルサケス朝パルティア帝国のアルタバヌス5世を倒してクテシフォンを都とした。アルダシールの子シャプール1世 (在位 241~272) のとき,軍事力は絶頂に達し,アルメニアの占領,ローマ皇帝ウァレリアヌス (在位 253~260) をシリアのエデッサ付近で捕虜にするなどの功績をあげている。エフタル族などの外敵を駆逐して帝国を再び安定させたのは東洋的聖王といわれるホスロー1世 (在位 531~579) で,その領土は西はシリアのアンチオキア,東はアムダリア (オクソス川) 地方,南はアラビア半島のイエメンにまで及び,ゾロアスター教を基礎とする文化的発展とともにササン朝の黄金期を築き上げた。しかし戦争の連続で国力の消耗は著しく,それに伴って,国政はゾロアスター教僧侶や貴族の専横によって左右されるにいたり,ヤズデゲルド3世のとき王朝は30代,425年間の命脈を絶った。しかし帝国滅亡後もその政治制度は長くイスラム国家に継承され,さらにゾロアスター教の経典『アベスタ』の翻訳,注解,ササン朝美術などの文化遺産が後代に与えた影響は大きい。