actions

ハプログループR1a (Y染色体)

テンプレート:Infobox haplogroup

ファイル:Distribution Haplogroup R1a Y-DNA.svg
ヨーロッパにおけるハプログループR1aの分布頻度

ハプログループR1a (Y染色体)(ハプログループR1a (Yせんしょくたい): Haplogroup R1a (Y-DNA))とは、分子人類学で用いられる、人類の父系を示すY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、ハプログループRの子系統R1のうち、「L62, L63, L120, M420, M449, M511, M513」の変異で定義づけられるものである。18,500年前以降に誕生した[1]

分布

ファイル:IE expansion.png
インド・ヨーロッパ語族の拡散モデル

ハプログループR1aはインド北部から中央アジア東ヨーロッパに高頻度に分布している。ロシア人ベルゴロド州)に59.4%[2]ポーランド人に55.9%[3]パシュトゥーン人に51%[4]インド北部に48.9%[5]アルタイ人に46.9%[6]タジク人に44.7%[7]など。したがって、インド・イラン語派バルト・スラブ語派に属する集団は、このハプログループR1a系統(特にR1a1a)と、ほぼ同等であろうと考えられる。

ハプログループR1aは印欧語族サテム語の担い手とする見方がある(これは同時にハプログループR1b (Y染色体)ケントゥム語の担い手とする見方でもある)[8]。印欧祖語が話されたヤムナ文化の人骨からはハプログループR1b (Y染色体)が91.5%の高頻度で検出されているが、R1aは検出されていない[9]。そのため、印欧語の元来の担い手はR1bであり、ある時点でR1aが印欧語に言語交替を起こしたものと考えられ、その際にR1a集団の基層言語の特徴がサテム語の特徴として受け継がれたものと思われる。縄目文土器文化アンドロノヴォ文化の主要な担い手はこのハプログループR1aである[10]

下位系統

系統はY-DNA Haplogroup R and its Subclades - 2015による。関連言語文化を付記する。

  • R1a L146/M420/PF6229, L62/M513/PF6200, L63/M511/PF6203, L145/M449/PF6175

脚注

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「Sharma」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. Balanovsky O, Rootsi S, Pshenichnov A, Kivisild T, Churnosov M, Evseeva I et al. (2008). "Two sources of the Russian patrilineal heritage in their Eurasian context". Am. J. Hum. Genet. 82 (1): 236–50. doi:10.1016/j.ajhg.2007.09.019. PMC 2253976. PMID 18179905.
  3. Tambets K, Rootsi S, Kivisild T, Help H, Serk P, Loogväli EL et al. (2004). "The western and eastern roots of the Saami--the story of genetic "outliers" told by mitochondrial DNA and Y chromosomes". Am. J. Hum. Genet. 74 (4): 661–82. doi:10.1086/383203. PMC 1181943. PMID 15024688.
  4. Haber, Marc; Platt, DE; Ashrafian Bonab, M; Youhanna, SC; Soria-Hernanz, DF; Martínez-Cruz, Begoña; Douaihy, Bouchra; Ghassibe-Sabbagh, Michella; Rafatpanah, Hoshang; Ghanbari, Mohsen; Whale, John; Balanovsky, Oleg; Wells, R. Spencer; Comas, David; Tyler-Smith, Chris; Zalloua, Pierre A. et al. (2012). "Afghanistan's Ethnic Groups Share a Y-Chromosomal Heritage Structured by Historical Events". PLoS ONE 7 (3): e34288. Bibcode:2012PLoSO...734288H. doi:10.1371/journal.pone.0034288. PMC 3314501. PMID 22470552.
  5. Trivedi, R.; Singh, Anamika; Bindu, G. Hima; Banerjee, Jheelam; Tandon, Manuj; Gaikwad, Sonali; Rajkumar, Revathi; Sitalaximi, T; Ashma, Richa (2008). "High Resolution Phylogeographic Map of Y-Chromosomes Reveal the Genetic Signatures of Pleistocene Origin of Indian Populations" (PDF). In Reddy, B. Mohan. Trends in molecular anthropology. Delhi: Kamla-Raj Enterprises. pp. 393–414. ISBN 978-81-85264-47-9.
  6. Tambets, Kristiina et al. 2004, The Western and Eastern Roots of the Saami—the Story of Genetic “Outliers” Told by Mitochondrial DNA and Y Chromosomes
  7. Wells, Spencer et al. 2001, The Eurasian Heartland: A continental perspective on Y-chromosome diversity
  8. Eupedia
  9. Eupedia
  10. Eupedia

テンプレート:Y-DNA