actions

日刊スポーツ新聞西日本


株式会社日刊スポーツ新聞西日本(にっかんスポーツしんぶんにしにっぽん、英語:The Nikkan Sports News West Japan)は、スポーツ新聞日刊スポーツ』を発行する日本新聞社である。東京都に本社を置く日刊スポーツ新聞社の子会社であり、沖縄県を除く西日本地区を管轄する。

概要

1950年1月20日神戸市神港夕刊新聞社が発行した『オールスポーツ』が起源。1956年3月にオールスポーツ新聞社が発足したが、経営が行き詰まり廃刊の危機となったところを、枚方市朝日新聞宅配所(現・ASA)を経営していた折田平市[1]が仲介役となり、1957年4月に日刊スポーツ新聞社(東京本社)と提携(この当時は事実上フランチャイズ契約に同じ)し、6月に正式に経営権を日刊スポーツ新聞社と朝日新聞社に引き継いで社名を大阪日刊スポーツ新聞社に改称。日刊スポーツの地方進出第1号となる。1977年2月に北九州市西部日刊スポーツ新聞社1995年6月には名古屋市名古屋日刊スポーツ新聞社を設立。

2009年4月1日、大阪・西部・名古屋の3社が合併し、日刊スポーツ新聞西日本となった。存続会社は大阪日刊スポーツ新聞社となり、大阪が本部(会社登記上の本店)となった。

管轄地域はその名の通り、西日本であり、近畿地方北陸地方、静岡県を除く東海地方中国地方四国地方沖縄県を除く九州地方である。

本部(大阪本社)版は、阪神タイガース、西部本社版は、福岡ソフトバンクホークス、名古屋本社版は、中日ドラゴンズのそれぞれ地元球団の報道を主力としている。また大阪本部管轄の広島県版は、広島東洋カープ関連の報道に力を入れている。

本部は旧法人の大阪日刊社時代の当初は豊中市に、また広告・販売部門は大阪市福島区の「北大阪支社」に分散していたが、北大阪支社が2002年中之島にある新朝日ビルディング朝日新聞大阪本社の分館)に移転。2005年に大阪本社の機能を新朝日ビルに統合。2009年に同ビルの建て替えのため、いったん福島区にある阪神ダイヤビルへ暫定的に移転後、2013年1月1日朝日新聞大阪本社の新社屋などが入居する中之島フェスティバルタワー東館に本社機能を移転。

事業所

各本社の管轄

印刷工場

本部(大阪本社)

西部本社

本部(大阪本社)・西部本社

  • 広島県廿日市市中国新聞社広島工場)
    広島工場は本部(大阪本社)版と西部本社版のうち山口県東部向け2種類の新聞を発行しており、紙面構成が部分的に異なる。

名古屋本社

関連項目

外部リンク

テンプレート:日刊スポーツ新聞社

  • テンプレート:朝日新聞社