操作

広告

広告(こうこく、: advertising

不特定多数の人々を対象に商品またはサービスの存在,特徴,顧客の受ける便益性などを知らせ,相手方の理解,納得をもとに購買行動を起こさせたり信用を植え付けたりするために,具体的な物によって表現する有料のコミュニケーション。生産者と消費者とを結ぶ架橋的手段であるともいわれる。17世紀,イギリスのロンドンの週刊紙に最初の広告が掲載され,18世紀には新聞広告が全盛となった。広告の分類法はさまざまで,商品広告に対する企業広告印象広告に対する説得広告,全国広告に対する地方広告などの呼称のほか,戦術的な分類として,挑戦広告,比較広告,ネガティブ・アプローチ(否定型式訴求),意見広告などがあげられる。また広告物の表現上の差異により,新聞雑誌ラジオテレビジョンマス・メディア媒体以外に,看板,ネオンサイン(電気サイン),ダイレクトメール,ちらし(折込広告),ノベルティなどがある。近年ではインターネット上でのウェブ広告も増えた。広告主のことはアドバタイザーといい,電波広告のときは番組を提供するかたちになるのでスポンサーという。広告を載せるものを広告媒体といい,新聞社,放送局などがその媒体(メディア)にあたる。広告主はマーケティングを行ない,ターゲット層が支持する媒体を選んで広告を掲載する。広告会社(広告代理業)は広告主と媒体との仲介や,コピーライターやデザイナーなどと組んで広告制作業務を行なう。なお日本語の「広告」ということばは,広告活動や広告キャンペーンを示す advertisingと,広告物という具体的なメッセージをもつ広告作品 advertisementという二つの意味をもっているが,外国ではこの二者は明確に区別されている。(パブリシティパブリック・リレーションズ



Rakuten 楽天市場検索: