操作

福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンクグループ > 福岡ソフトバンクホークス

チーム名 福岡ソフトバンクホークス
会社名 福岡ソフトバンクホークス株式会社
加盟団体 パシフィック・リーグ
創設年度 1938年
チーム名の遍歴
本拠地 福岡 ヤフオク!ドーム福岡県福岡市中央区
Fukuokadome ground.jpg
収容人員 福岡 ヤフオク!ドーム
38,585人

福岡ソフトバンクホークス(ふくおかソフトバンクホークス、英語: Fukuoka SoftBank Hawks

日本プロ野球球団。パシフィック・リーグ所属。

福岡県フランチャイズとし、福岡市中央区にある福岡ヤフオク!ドーム本拠地としている。

球団名の変遷は、南海(1938年秋)―近畿日本(1944年途中からシーズン終了まで)―近畿グレートリング(1946年)―南海ホークス(1947年途中から)―福岡ダイエーホークス(1989年)―福岡ソフトバンクホークス(2005年)。

1938年(昭和13)発足。1リーグ時代は大阪に本拠を置き、近畿グレートリングを名のった1946年と、南海ホークスとなって2年目の1948年に優勝した。当時の強さは、名将といわれた鶴岡一人(つるおかかずと)(旧姓山本)監督兼内野手が巧みにチームをまとめ上げたことによる。とくに1946年の鶴岡は95打点で打点王に輝き、最高殊勲選手(現最優秀選手)となる活躍であった。2リーグ分立後も、1951年から3年連続リーグ優勝したが、日本シリーズでは55年も含め4回の対戦でいずれも読売ジャイアンツ(巨人)に敗れた。しかし、7回目のリーグ優勝を果たした1959年の日本シリーズで、エースに成長していた杉浦忠(ただし)が巨人を相手に4連投で4連勝、鶴岡監督に日本一を贈った。1960年代には、投手陣の柱皆川睦雄(むつお)(1935―2005)、後に歴代2位の通算ホームラン657本をマークする野村克也(かつや)、俊足巧打の広瀬叔功(よしのり)らがチームを牽引(けんいん)、61年にリーグ優勝。阪神タイガースを破って2回目の日本一となった1964年からも3年連続リーグ優勝とふたたび黄金時代を築いた。1970年からは野村が選手兼任で監督に就任、門田博光(かどたひろみつ)の台頭などにより73年にリーグを制覇したが、以降は優勝できなくなった。

1988年にダイエーが球団を買収し、フランチャイズも大阪を離れて福岡へ移転。これを機に球団名も福岡ダイエーホークスと改称して再出発した。当初は平和台球場を本拠地とし、杉浦、田淵幸一が監督を務めた。1993年(平成5)に福岡ドーム(現福岡Yahoo!JAPANドーム)へ本拠地を移し、1995年に王貞治(おうさだはる)を監督に迎えた。小久保裕紀(こくぼひろき)(1971― )、松中信彦(1973― )、城島健司、井口資仁(いぐちただひと)ら強打者が次々に登場し、1999年に26年ぶりのリーグ優勝。日本シリーズでも中日ドラゴンズを降して日本一に輝いた。翌2000年もリーグ優勝。日本シリーズでは長嶋茂雄監督が率いる巨人との対戦となり、監督としての「ON(オーエヌ)対決」と注目を集めたが、2勝4敗で敗れた。2003年には日本シリーズで阪神タイガースを破り、日本一となった。2004年は公式戦(レギュラーシーズン)で1位となりながらも、同年からパ・リーグが導入した公式戦上位3チームによるプレーオフ(現クライマックス・シリーズ)で西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)に敗退。シーズンオフにはソフトバンクが球団を買収、球団名、球場名ともに改称されることとなった。

脚注

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: