操作

三田村邦彦

みたむら くにひこ
三田村 邦彦
本名 三田村 邦彦(同じ)
生年月日 (1953-10-22) 1953年10月22日(65歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県新発田市
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1979年-
活動内容 1970年代中期:劇団青俳入団
1979年:映画『限りなく透明に近いブルー』でデビュー
同年:『必殺仕事人』(以来、必殺シリーズ錺職人の秀役)
1980年:『獅子の時代
1982年:『太陽にほえろ!
1984年:『序の舞』、『Wの悲劇
1990年:『渡る世間は鬼ばかり
1997年:『京都祇園入り婿刑事事件簿
主な作品
テレビドラマ
必殺シリーズ
太陽にほえろ!
ママはアイドル!
渡る世間は鬼ばかり』シリーズ
眠れない夜をかぞえて
京都祇園入り婿刑事事件簿』シリーズ
表示

三田村 邦彦(みたむら くにひこ、1953年10月22日 - )は、日本俳優歌手新潟県新発田市出身。血液型はB型、身長178cm。極度の近眼であり、コンタクトレンズメガネを使用していたが、2006年、レーシック手術を受け、現在は裸眼である。

元妻である女優の中山麻理との間に3子。長男三田村瞬と三男中山麻聖は俳優。二男は一般人。

現在の妻との間に1子(長女)。

来歴・人物

新潟県立新発田高等学校卒業、予備校に進学すると偽り上京[1]、看板屋で働きながら劇団青俳養成所を経て劇団青俳に所属。

1979年劇団の推薦により『限りなく透明に近いブルー』でデビュー[2]

同年『必殺シリーズ』に飾り職人の秀役で出演、華麗な殺しと、陰りのある表情をたたえる仕事人を演じ人気を博した[3]

1980年にデビュー作で共演した女優の中山麻理と結婚、3子を儲けるが1999年に離婚。長男と二男の親権を持つ。2010年5月16日に26歳年下の元テレビ番組制作会社社員の女性と5年間の交際、1年間の同棲を経て再婚。2015年3月19日、長女が誕生。

1982年より『太陽にほえろ!』にジプシー刑事役で出演、若手刑事のミワカントリオ[4]、カワセミトリオ[5]の一人として人気を得る。

歌手活動も行っており、シングルやアルバムを多数リリースしている(TDKレコードより歌手デビュー、後にコロムビアレコードへ移籍。2010年5月をもってインディーズで音楽活動を再開)。舞台ではミュージカルに出演しており、代表作は『ブラッド・ブラザーズ』(初代エディ役)、『スクルージ』(2代目スクルージ役)、『NEVER GONNA DANCE』(モーガンサル役)など。

おとな旅あるき旅』で滋賀県長浜市小谷城址を訪れた際、「三田村家発祥の地」と話している。 同番組内では「城マニア」であることを公言し、福知山城など関西の古城にも足を運んでいると語っている。

阿波踊りの熱狂的なファンとして知られ、徳島市阿波踊りにサンスター連として20年以上参加している。(2016年はミュージカル『アニー』の大阪公演のため欠席)。

エピソード

  • 当初殺し屋の役が嫌であり、必殺仕事人への出演を拒んでいた、また出演は2クールの契約であったので、その契約に従い、番組降板を希望していたが、石原興から飲みに誘われ、今辞めるのは中途半端だと説得され、出演を延長した[6]
  • 新・必殺仕事人の最終回において、壮絶な死を遂げる予定であったが、ファンから助命嘆願が数多く寄せられ、必殺仕事人シリーズを続投することになった[7]、そのため太陽にほえろ!への出演が短縮された。
  • 三田村は必殺まっしぐら出演に際して、当初は断ったが、工藤栄一が1話、2話の監督を務めるなら出演するという条件を出した、また本来最終話とその前11話も工藤が監督を務める予定であったが、スケジュールの都合で務められなくなり、三田村は工藤から直接謝罪をされた[8]

出演

映画

テレビドラマ

情報・バラエティ番組

この土曜スペシャルで2008年からシリーズ化している「街道歩き旅シリーズ」の(1)日光街道10日間編(5月31日放送)・(2)水戸街道8日間編(11月15日放送)にいずれも出演している。

ほか多数

ビデオ用作品(Vシネマ)

  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 任侠修業篇
  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 名門継承篇
  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 関西二十日会篇

コマーシャル

ラジオ

舞台

  • 花のひと ふかがわ亭(明治座 若尾文子/共演 石井ふく子/演出)
  • 樋口一葉(名鉄ホール 竹下景子/共演 石井ふく子/演出)
  • オンナだらけの新喜劇(2007年3月18日、朝日放送
  • 女の人さし指(2011年3月3日〜21日、三越劇場 若尾文子/共演 石井ふく子/演出)
  • ミュージカル「アニー」(2014年-)
  • 納涼必殺まつり(京都南座
    • 必殺女ねずみ小僧(1981年)
    • 必殺・鳴門の渦潮(1982年。その前に名鉄ホールで先行して上演された)
    • 必殺ぼたん燈籠(1983年)

ディスコグラフィ

シングル

  • いま走れ!いま生きる!/加治川(1980年4月20日、TDKコア
  • 想い出の糸車/涙の裏側(1981年5月5日、TDKコア)
  • レクイエム/小さな風船(1982年5月5日、TDKコア)
  • 「君」/進水式(1982年9月5日、TDKコア)
  • 透き通る季節/HAPPY&BLUE(1983年7月21日、TDKコア)
  • 自惚れ/涙をふきなよつらいから(1983年11月5日、TDKコア)
  • 薄暮/パーティ・ドレス(1985年2月1日、日本コロムビア
  • 人生はコメディ/バナナが好きだった(1985年8月、日本コロムビア)※「三田村邦彦&山本コウタロー&片岡鶴太郎」名義
  • 逃亡者/君だけがIn My Heart(1986年1月、日本コロムビア)
  • ゆれる…瞳/エリー(1986年8月1日、日本コロムビア)
  • In My Loneliness〜哀しみの部屋〜/夏の消印(1987年3月21日、日本コロムビア)
  • 君はパラダイス/誰も知らないバラッド(1988年3月21日、日本コロムビア)
  • 追憶のサファイア/冬の引き潮(1988年11月21日、日本コロムビア)
  • 男のふるさと/晴れ晴れ道中(1990年10月21日、日本コロムビア)
  • 青春一気/影ぼうし(1992年10月21日、日本コロムビア)
    • 「将軍家光忍び旅2」主題歌
  • 黎明/夢の座標(1994年5月25日、日本コロムビア)

アルバム

  • やがて君は季節の中へ(1982年4月5日、TDKコア)
  • 必殺の秀(1982年4月21日、TDKコア)ミニアルバム
  • 風の秋から(1982年10月5日、TDKコア)
  • Vol.III(1983年9月21日、TDKコア)
  • Selection 12(1984年3月21日、TDKコア)ライブアルバム
  • My Favorite Songs(1984年11月21日、TDKコア)ベストアルバム
  • DAY BY DAY(1985年2月21日、TDKコア)
  • MARIKO(1985年11月5日、TDKコア)ベストアルバム
  • SOUND TRACK(1985年11月21日、TDKコア)
  • 三田村邦彦ベストコレクション(1987年3月21日、日本コロムビア)ベストアルバム
  • OLD/NEW(1987年10月1日、日本コロムビア)
  • 三田村邦彦全曲集(1988年10月1日、日本コロムビア)ベストアルバム
  • 12の月の輪舞 〜さよならで鎖環がれた1年と11人の物語〜(1988年11月21日、日本コロムビア)
  • 三田村邦彦ベストアルバム(1989年12月21日、日本コロムビア)ベストアルバム
  • 三田村邦彦ベストセレクション(1993年9月21日、日本コロムビア)ベストアルバム

関連項目

脚注

  1. 日本映画人名事典 1996年度P.704
  2. 日本映画人名事典 1996年度P.704
  3. 日本映画人名事典 1996年度P.704
  4. 三田村、渡辺徹、神田正輝
  5. 神田正輝、渡辺徹、世良公則、三田村
  6. 時代劇マガジン 2008 Vol.17 12 P.123
  7. 日本映画人名事典 1996年度P.704
  8. 時代劇マガジン 2008 Vol.17 12 P.124
  9. 菅直人や枝野幸男が実名で登場、3.11からの5日間描く「太陽の蓋」が7月公開”. 映画ナタリー (2016年3月11日). . 2013閲覧.