操作

日本国有鉄道

日本国有鉄道
Japanese National Railways
種類 特殊法人
略称 国鉄、JNR
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目6番5号
設立 1949年6月1日
業種 陸運業
事業内容 日本国有鉄道法(廃止)に基づく鉄道事業及びその附帯事業の経営、鉄道事業に関連する連絡船・自動車運送事業及びその附帯事業の経営、鉄道事業用地における石油パイプライン事業及びその附帯事業の経営ほか[1]
特記事項:1987年4月1日、日本国有鉄道清算事業団に移行[2]。1998年10月22日、日本国有鉄道清算事業団解散。
テンプレートを表示

日本国有鉄道(にほんこくゆうてつどう、にっぽんこくゆうてつどう、英称Japanese National Railways、英略称: JNR


日本国有鉄道法に基づき,従来運輸省鉄道総局に属していた鉄道事業などの国営諸事業を合理的に運営することを目的として,政府の全額出資により,1949年6月1日に設立された公共企業体の一つ。国鉄と略称される。運輸大臣の監督下にあり,内閣の任命する総裁と,副総裁,技師長,常務理事,理事からなる役員,監査委員,ならびに約 43万人の職員によって運営されてきた。事業内容は鉄道事業ならびにその付帯事業,鉄道事業に関連する連絡船事業,自動車運送事業ならびにその付帯事業その他。1987年4月 JR 7グループに分割,民営化された。(九州旅客鉄道四国旅客鉄道東海旅客鉄道西日本旅客鉄道日本貨物鉄道東日本旅客鉄道北海道旅客鉄道

脚注

  1. 日本国有鉄道法第3条
  2. 「日本国有鉄道は、改革法附則第2項の規定の施行の時において、事業団となるものとする」日本国有鉄道清算事業団法附則第2条

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: