actions

アラム文字

アラム文字
280x400px
アショーカ王の碑文。ギリシア文字とアラム文字による2言語併記。紀元前3世紀カンダハール
類型: アブジャド
言語: アラム語ヘブライ語シリア語マンダ語
時期: 紀元前600年頃から紀元後600年
親の文字体系:
子の文字体系: ヘブライ文字
シリア文字
ナバテア文字
パルミラ文字
マンダ文字
パフラヴィー文字
ソグド文字
Unicode範囲: U+10840-U+1085F
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

アラム文字(アラムもじ)は、かつての中東国際語リンガ・フランカ)であった古代アラム語English版(Old Aramaic、Official Aramaic、Middle Aramaic、Late Aramaicなどのアラム語に属すen:Neo-Aramaic languagesの祖語)の文字。中東系文字の大部分は、この文字から派生した。フェニキア文字と密接な関係がある。

概要

アラム文字は、ユーフラテス川上流からシリア地域にかけて定住し、地域の交易を担ってきたアラム人によって、近隣地域で用いられていたフェニキア文字を転用する形で生み出された。新アッシリア新バビロニアアケメネス朝ペルシャなどの帝国が地域の覇権を握った時代に、領内にアラム人・アラム語と共に広がり、かつてのメソポタミアバビロニア地方にて使われていた楔形文字から代替されると急速に普及した。また、古代ユダヤ人が使用していた古ヘブライ文字は、アラム文字に代替されたが、アラム文字からは現ヘブライ文字が生み出されている。

アラム文字は時代・地域によって非常に多くの字形があり、アラム文字から派生した他の言語の文字も非常に多い。ペルシア帝国時代に行政言語としてエジプトからアフガニスタン中央アジアインドまで広範囲に渡って普及し、紀元前後にはアラム語の諸方言のみならずパルティア語やソグド語などの中期イラン語の表記にもメソポタミア地方で使用されていたアラム文字が用いられた。

一覧

フェニキア文字 名称 字形 ヘブライ文字 シリア文字 ナバテア文字 アラビア文字 音価
Aleph Ālaph ファイル:Aleph.svg א ファイル:Aramaic alap.png ファイル:01 aleph.svg أ /ʔ/; /aː/, /eː/
Beth Bēth ファイル:Beth.svg ב ファイル:Aramaic beth.png ファイル:02 bet.svg ب /b/, /v/
Gimel Gāmal ファイル:Gimel.svg ג ファイル:Aramaic gamal.png ファイル:03 gimel.svg ج /ɡ/, /ɣ/
Daleth Dālath ファイル:Daleth.svg ד ファイル:Aramaic daleth.png ファイル:04 dal.svg د,ذ /d/, /ð/
He ファイル:He0.svg ה ファイル:Aramaic heh.png ファイル:05 ha.svg /h/
Waw Waw ファイル:Waw.svg ו ファイル:Aramaic waw.png ファイル:06 waw.svg و /w/; /oː/, /uː/
Zayin Zain ファイル:Zayin.svg ז ファイル:Aramaic zain.png 30x30px ز /z/
Heth Ḥēth ファイル:Heth.svg ח ファイル:Aramaic kheth.png ファイル:08 ha.svg خ,ح /ħ/
Teth Ṭēth ファイル:Teth.svg ט ファイル:Aramaic teth.png ファイル:09 taa.svg ط /tˤ/
Yodh Yudh ファイル:Yod.svg י ファイル:Aramaic yodh.png ファイル:10 yaa.svg ي /j/; /iː/, /eː/
Kaph Kāph ファイル:Kaph.svg כ ך ファイル:Aramaic kap.png ファイル:11 kaf.svg ك /k/, /x/
Lamedh Lāmadh ファイル:Lamed.svg ל ファイル:Aramaic lamadh.png ファイル:12 lam.svg ل /l/
Mem Mim ファイル:Mem.svg מ ם ファイル:Aramaic meem.png ファイル:13 meem.svg م /m/
Nun Nun ファイル:Nun.svg נ ן ファイル:Aramaic noon.png ファイル:14 noon.svg ن /n/
Samekh Semkath ファイル:Samekh.svg ס ファイル:Aramaic simkath.png ファイル:15 sin.svg س /s/
Ayin ‘Ē ファイル:Ayin.svg ע ファイル:Aramaic ain.png ファイル:16 ein.svg غ,ع /ʕ/
Pe ファイル:Pe0.svg פ ף ファイル:Aramaic payin.png ファイル:17 fa.svg ف /p/, /f/
Sade Ṣādhē ファイル:Sade 1.svg, ファイル:Sade 2.svg צ ץ ファイル:Aramaic tsade.png ファイル:18 sad.svg ص /sˤ/
Qoph Qoph ファイル:Qoph.svg ק ファイル:Aramaic qoph.png ファイル:19 qaf.svg ق /q/
Res Rēsh ファイル:Resh.svg ר ファイル:Aramaic resh.png ファイル:20 ra.svg ر /r/
Sin Shin ファイル:Shin.svg ש ファイル:Aramaic sheen.png ファイル:21 shin.svg ش /ʃ/
Taw Tau ファイル:Taw.svg ת ファイル:Aramaic taw.png ファイル:22 ta.svg ت,ث /t/, /θ/

アラム文字から派生した文字

アラム語はアケメネス朝の公用語であり、アケメネス朝の継承者を自称したパルティアでもアラム語を採用した。このため、非常に多くの言語でアラム文字そのものか、アラム文字に由来する文字体系が使われるようになった。

セム系の言語の表記に使われたものではヘブライ文字パルミラ文字ナバテア文字マンダ文字シリア文字アラビア文字がある。

イラン語派の言語の表記にもアラム文字やシリア文字、およびアラム文字系統のパフラヴィー文字アヴェスター文字ソグド文字が使われた。ソグド文字からはまたウイグル文字モンゴル文字満州文字が派生した。

突厥文字もアラム文字系統である可能性が高い。

インドカローシュティー文字はアラム文字の系統であるが、アブギダに変化している。ブラーフミー文字についてもアラム文字由来説がある。

Unicode

Unicode では、以下の領域に次の文字が収録されている。

U+ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
10840 𐡀 𐡁 𐡂 𐡃 𐡄 𐡅 𐡆 𐡇 𐡈 𐡉 𐡊 𐡋 𐡌 𐡍 𐡎 𐡏
10850 𐡐 𐡑 𐡒 𐡓 𐡔 𐡕 𐡗 𐡘 𐡙 𐡚 𐡛 𐡜 𐡝 𐡞 𐡟

参考文献

  • 「アラム文字」『言語学大辞典 別巻 世界文字辞典 』三省堂書店、2001年 7月10日発行

外部リンク