actions

ジャワ文字

ジャワ文字
250px
aksara Jawa(ジャワ文字)と書いた例
類型: アブギダ
言語: ジャワ語など
親の文字体系:
ブラーフミー文字
Unicode範囲: U+A980..U+A9DF
ISO 15924 コード: Java
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

ジャワ文字(ジャワもじ、aksara Jawa)はブラーフミー系文字の一種で、インドネシアジャワ語を表記するための文字のひとつ。

左から右へ書かれるアブギダで、バリ文字とはごく近い関係にある。

伝統的にジャワ文字はヤシの葉に書かれ、それを綴った書物はlontarと呼ばれる。1945年ごろまでは普通に用いられていたが、その後は国語であるインドネシア語の影響を受けて衰えた[1]。現在、ジャワ語は主にラテン文字で記される。

概要

ジャワ島ではパッラヴァ文字で書かれた5世紀ごろのサンスクリットの碑文が残る。またカウィ語と呼ばれる文学語が発達し、これを表す文字をカウィ文字と称するが、すでに8世紀にはその特徴的な形が見られる[2]。ジャワ文字はこのカウィ文字から発達した文字のひとつである[3]

ジャワ文字は、ジャワ語のほかにサンスクリット、サンスクリット化したジャワ語、スンダ語ササク語にも使われるほか、カウィ文字の翻字にも使われる[1]

構造

hanacaraka を絵にしたもの
160px 160px 160px 160px

ジャワ文字の子音字は20文字から構成され、インドの多くの文字と同様、単独では母音a[4]が後続する。その並び順は独自のもので、最初の5文字から hanacaraka とも呼ぶ。5文字ずつ順に読むと「hana caraka, data sawala, padha jayanya, maga bathanga」となり、ジャワ語で「使者と使者が戦ったが、腕前は互角であり、ふたりとも倒れて死んだ」という意味の文章になる(パングラム[5]

いくつかの子音は、固有名詞中で使うための別形(aksara gedhe)を持っている。

子音字にa以外の母音が後続するときには母音記号(ə i u e[6] o)を加える。母音字は(ə を除く)a i u e o の5種類がある。母音が後続しない場合には、pangku(または pangkon[7])と呼ばれる記号(ヴィラーマに相当)を加えるが、ほかに音節末子音を表す専用の記号が4種類(ng r h y)ある。子音結合は子音を縦に並べて記すが、下につく結合形は単独の文字とは大きく形が変化することが多い[8]

文字の一覧

母音
文字 翻字 記号 記号名称
60px a a / ɔ - -
60px e ə 60px pepet
60px i i 60px wulu
60px u u 60px suku
60px e(é) e / ɛ 60px taling
60px o o 60px taling-tarung
子音
通常 固有名詞用
文字 翻字 結合形 文字 結合形
60px ha - 60px
60px na na 60px 60px 60px
60px ca tʃa 60px 60px[9] 60px
60px ra ra 60px
60px ka ka 60px 60px 60px
60px da da 60px
60px ta ta 60px 60px 60px
60px sa sa 60px 60px 60px
60px wa wa 60px
60px la la 60px
60px pa pa 60px 60px 60px
60px dha ɖa 60px
60px ja dʒa 60px
60px ya ja 60px
60px nya ɲa 60px
60px ma ma 60px
60px ga ɡa 60px 60px 60px
60px ba ba 60px 60px 60px
60px tha ʈa 60px
60px nga ŋa 60px
子音(特殊)
文字 翻字
60px re
60px le
その他の記号
文字 翻字 名称 備考
60px r r cakra 子音が後続するときの形
60px ng ŋ cecak 母音が後続しないときの形
60px r r layar 母音が後続しないときの形
60px h h wignyan 母音が後続しないときの形
60px y j pengkal 母音が後続しないときの形
60px pangku
pangkon
子音に母音がつかないことを表す(ヴィラーマ
数字
文字 60px 60px 60px 60px 60px 60px 60px 60px 60px 60px
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

ギャラリー

Unicode

2009年のUnicodeバージョン5.2で、基本多言語面のU+A980-A9DFに追加された[10][11]。文字の並び順はhanacarakaではなく、インドの伝統的な順序になっている。

Javanese[12]
  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+A98x
U+A99x
U+A9Ax
U+A9Bx ꦿ
U+A9Cx
U+A9Dx

脚注

  1. 1.0 1.1 Michael Everson (2008-03-06), N3319R3 Proposal for encoding the Javanese script in the UCS, http://std.dkuug.dk/jtc1/sc2/wg2/docs/n3319.pdf 
  2. Kuipers (2003) p.3
  3. 西田(1981) p.258
  4. a / ɔ は区別されない
  5. Kuipers & McDermott (1996) p.478
  6. e / ɛ は区別されない
  7. N3613 Name correction for FPDAM 6: Javanese A9C0 JAVANESE PANGKON, (2009-04-10), http://std.dkuug.dk/JTC1/SC2/WG2/docs/n3613.pdf 
  8. Kuipers & McDermott (1996) pp.478-479
  9. Kuipers & McDermott (1996) p.478 の表では結合形のみが存在する
  10. Supported Scripts, Unicode, Inc., https://www.unicode.org/standard/supported.html 
  11. Unicode 5.2.0, Unicode, Inc., (2009-10-01), https://www.unicode.org/versions/Unicode5.2.0/ 
  12. Javanese, Unicode, Inc, https://www.unicode.org/charts/PDF/UA980.pdf 

参考文献

外部リンク