actions

エトルリア文字

エトルリア文字
類型: アルファベット
言語: エトルリア語
時期: 紀元前8世紀 - 紀元前1世紀
親の文字体系:
子の文字体系: ラテン文字、(ルーン文字
ISO 15924 コード: Ital
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

エトルリア文字(エトルリアもじ)とは、古代イタリアのエトルリア語を表記するための文字。西方ギリシャ文字エウボイア文字クマエ文字)から派生した。

当時の古代イタリア地域諸言語[1]の文字を総称して古イタリア文字とも言う。古ラテン語の時代のラテン文字の形成にも影響を与えた。またルーン文字の形成にも影響を与えた。

アルファベット

アルファベットはほぼ西方ギリシャ文字を踏襲している。後にエトルリア語に不要なB、Dなどは使われなくなった。

なおエトルリア文字をはじめとする古イタリア文字は、右横書き(右から左)で書かれていたので、ラテン文字と逆向きに見える字形が多い。

字形 ラテン文字転写 発音[2]
ファイル:EtruscanA-01.svg A /ɑ/
ファイル:EtruscanB-01.svg B /b/
ファイル:EtruscanC-01.svg C /k/[3]
ファイル:EtruscanD-01.svg D /d/
ファイル:EtruscanE-01.svg E /e/
ファイル:EtruscanF-01.svg V /v/[4]
Z Z /ts/
ファイル:EtruscanH-02.svg , ファイル:EtruscanH-01.svg H /h/
ファイル:EtruscanTH-03.svg , ファイル:EtruscanTH-01.svg TH /tʰ/
ファイル:EtruscanI-01.svg I /i/ , /j/
ファイル:EtruscanK-01.svg K /k/[3]
ファイル:EtruscanL-01.svg L /l/
ファイル:EtruscanM-01.svg M /m/
ファイル:EtruscanN-01.svg N /n/
ファイル:EtruscanO-01.svg O /o/
ファイル:EtruscanP-01.svg P /p/
ファイル:EtruscanSAN-01.svg Ś /ʃ/
ファイル:EtruscanQ-01.svg Q /q/[5]
ファイル:EtruscanR-02.svg R /r/
ファイル:EtruscanS-01.svg S /s/
ファイル:EtruscanT-01.svg T /t/
ファイル:EtruscanV-01.svg U /u/
ファイル:EtruscanX-01.svg X /z/
ファイル:EtruscanPH-01.svg , ファイル:EtruscanPH-02.svg PH /pʰ/
ファイル:EtruscanKH-01.svg , ファイル:EtruscanKH-02.svg KH /kʰ/
ファイル:EtruscanF-02.svg F /f/ [6]

関連項目

脚注

  1. エトルリア語古ラテン語オスク語ラエト語ヴェネト語など。
  2. エトルリア語では有声子音は /v/ のみを用いたので、それ以外は( /g/など)は実際には無声子音で発音された。
  3. 3.0 3.1 Γ(の異体形 C)を用いて/k/の音を表した。同じ/k/の音を表すKの文字は使用は少なかった。
  4. Ϝ(ディガンマ)を用いて/v/の音を表した。
  5. ギリシア語に従い Ϙ(コッパ)を用いて、ファイル:EtruscanQ-01.svgファイル:EtruscanV-01.svgで/qu/を表した。
  6. ファイル:EtruscanF-02.svgは/f/の音を表すために後に作られた。初期は /f/ は「ϜH」(2文字)で表した。これは古ラテン語に伝わり「F」(1文字)で /f/ を表した。


it:Lingua etrusca#Alfabeto