actions

A

テンプレート:A-Z Aは、ラテン文字アルファベット)の1番目の文字。小文字は aギリシャ文字Α(アルファ)に由来し、キリル文字Аに相当する。

字形

大きく分けて3つの字形が使われる。

  1. 三角形の左辺と右辺が下にのびた形であり、大文字に使われる。
  2. 丸の右に縦に接線を付けた形 (single-storey) であり、多く小文字に使われるが、大文字の筆記体でこの字形を使うことがある。またフラクトゥールでは[math]\mathfrak{A\ a}[/math]のようである。
  3. 2の変形として、接線を上に延ばして左に曲げて折り返した形 (double-storey) がある。この形は多く小文字印刷書体に使われる

歴史

牛の角を逆にした形に由来する。

呼称

音素

この文字が表す音素は原則として[a]非円唇前舌広母音)もしくは[ɑ]非円唇後舌広母音)、またはその類似音である。

  • 英語では大母音推移の結果、特に強勢が置かれた場合短音は[æ]、長音は[eɪ]となることが多い。
  • ハンガリー語では[ɒ]円唇後舌広母音)だが、á は非円唇前舌広母音の長音[aː]である。
  • フランス語では an または am に他の子音が続くとき、または語末でやや円唇化した[ɑ̃](非円唇後舌広鼻母音)になる。
  • ベトナム語では[aː]である。短音はĂ, ăと書く。
  • 日本語のローマ字表記ではア段の母音に用いる。
  • 朝鮮語のローマ字表記では母音ㅏを示す。また、ㅐ、ㅑ、ㅒ、ㅘ、ㅙもae, ya, yae, wa, waeとaを含む綴りとなる。

Aの意味

学術的な記号・単位

その他の記号

商品名・作品名

  1. FR世代のセリカカリーナ/コロナスープラを意味する車両識別記号。(例:TA22、AA63、JZA80)
  2. トヨタ・A型エンジン、またはそれを搭載していることを表す。(例:AE86、AT210)

符号位置

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考

テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu テンプレート:ULu

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+1D00 ᴀ
ᴀ
LATIN LETTER SMALL CAPITAL A
🄰 U+1F130 🄰
🄰
SQUARED LATIN CAPITAL LETTER A
🅐 U+1F150 🅐
🅐
NEGATIVE CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER A
🅰 U+1F170 🅰
🅰
NEGATIVE SQUARED LATIN CAPITAL LETTER A
U+2090 ₐ
ₐ
LATIN SUBSCRIPT SMALL LETTER A

他、EBCDIC では、「A」は 193 で表され、「a」は 129 で表される。

他の表現法

テンプレート:Letter other reps フォネティックコードはANSIでは"Alpha"、ICAO, ITU, IMO, FAAでは"Alfa"である。

関連項目

new:प्रिथिबी