actions

ステネロス

ステネロス古希: Σθένελος, Sthenelos, ラテン語: Sthenelus)は、ギリシア神話の人物である。主に、

のほか数名が知られている。以下に説明する。

ペルセウスの子

このステネロスは、ミュケーナイ王ペルセウスとアンドロメダーの子で、ペルセウスアルカイオスヘレイオスメーストールエーレクトリュオーンゴルゴポネーと兄弟。ペロプスの娘ニーキッペーとの間にアルキュオネー、メドゥーサ、エウリュステウスをもうけた[1]

エーレクトリュオーンがミュケーナイ王のとき、アムピトリュオーンは誤ってエーレクトリュオーンを殺してしまったので、ステネロスはアムピクトリュオーンを追放してミュケーナイの王となり、ペロプスの子アトレウステュエステースを呼んでミデアを支配させた[2]。後にゼウスが次に生まれるペルセウスの子孫をミュケーナイの王にすると宣言したとき、嫉妬したヘーラーアルクメーネーの出産を止め、ステネロスの子が早く生まれるようにした。この結果ヘーラクレースより早く生まれたエウリュステウスがミュケーナイの王となった[3][1]。一説にステネロスはヘーラクレースの子ヒュロスに殺されたという[4]

系図

テンプレート:ヘラクレスの系図

アクトールの子

このステネロスは、アクトールの子である。ヘーラクレースがヒッポリュテーの帯を取りに行った冒険に参加したが、アマゾーンとの戦いで負傷し、帰途の航海の途中で死に、パフラゴニアEnglish版の海岸に葬られた。後にアルゴナウタイが近くを航海したとき、ステネロスはペルセポネーに願って地上に戻ることを許され、墓からアルゴー船を眺めた後に再び冥府に戻った。アルゴナウタイは驚き、モプソスの勧めで上陸し、ステネロスを供養した[5]

アンドロゲオースの子

このステネロスは、クレータ島の王ミーノースの子アンドロゲオースの子で、アルカイオスと兄弟。パロス島の人で、ヘーラクレースがヒッポリュテーの帯を取りに行くときに立ち寄り、アルカイオスとともに選ばれて冒険に参加した。その後、ヘーラクレースは帰りにトラーキア人が支配していたタソス島を征服し、ステネロスとアルカイオスに与えた[6]

カパネウスの子

このステネロスは、カパネウスとイーピスの娘[7]あるいはピュラコスの娘エウアドネーの子[8][9]キュララベース[10]コメーテースの父[11]

ステネロスはエピゴノイの1人で[12][13][14]、一説にディオメーデースとともにアグリオスの子リュコーペウスを討った[15]。またヘレネーの求婚者の1人で[16][17]トロイア戦争ではディオメーデース、エウリュアロスとともにアルゴスの武将の1人としてギリシア軍に参加した[18]

ステネロスはディオメーデースの戦車の御者を務め、ディオメーデースがアイネイアースパンダロスと戦い、パンダロスを討ち、アイネイアースに深手を負わせたとき、ディオメーデースの言いつけどおりにアイネイアースの名馬を奪った[19]。戦後、ステネロスは戦利品としてイーリオスで崇拝されていた「内庭のゼウス」の神像を得て、帰国したのちにアルゴスのアクロポリスに祀った[20][21]

その他のステネロス

脚注

  1. 1.0 1.1 アポロドーロス、2巻4・5。
  2. アポロドーロス、2巻4・6。
  3. 『イーリアス』19巻。
  4. ヒュギーヌス、244話。
  5. ロドスのアポローニオス、2巻911行-929行。
  6. アポロドーロス、2巻5・9。
  7. アポロドーロス、3巻7・1。
  8. ヒュギーヌス、243話。
  9. ヒュギーヌス、246話。
  10. パウサニアス、2巻18・5。
  11. アポロドーロス、摘要(E)6・9。
  12. アポロドーロス、3巻7・2。
  13. パウサニアス、2巻20・5。
  14. パウサニアス、10巻10・4。
  15. ヒュギーヌス、175話。
  16. アポロドーロス、3巻10・8。
  17. ヒュギーヌス、81話。
  18. 『イーリアス』2巻。
  19. 『イーリアス』5巻。
  20. パウサニアス、2巻24・3。
  21. パウサニアス、8巻46・2。
  22. アポロドーロス、2巻1・5。
  23. ヒュギーヌス、275話。
  24. ウェルギリウスアエネアース』12巻341行。

参考文献