actions

エーレクトリュオーン

エーレクトリュオーン古希: Ἠλεκτρύων, Ēlektryōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してエレクトリュオンとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

ペルセウスの子

このエーレクトリュオーンは、ミュケーナイ王ペルセウスとアンドロメダーの子で、ペルセウスアルカイオスステネロスヘレイオスメーストールゴルゴポネーと兄弟。

アルカイオスの娘アナクソーとの間にストラトバテース、ゴルゴポノス、ピューロノモス、ケライネウス、アムピマコス、リューシノモス、ケイリマコス、アナクトール、アルケラーオス、アルクメーネーを、またプリュギアの女性ミデアとの間に庶子リキュムニオスをもうけた[1]。エーレクトリュオーンの妻はペロプスの娘エウリュディケーともいわれる[2]

エーレクトリュオーンはミュケーナイの王となったが、タポス王プテレラーオスの子供たちがやって来て、祖メーストールの土地を与えるよう求めた。エーレクトリュオーンが拒否すると、彼らはエーレクトリュオーンの牛の群を奪おうとし、エーレクトリュオーンの子供たちと殺し合った。その結果、エーレクトリュオーンの子供たちではリキュムニオス、プテレラーオスの子供たちではエウエーレースのみが生き残った。タポス人はエーレクトリュオーンの牛をエーリスポリュクセノスに預けてタポスに帰ったが、アムピトリュオーン(アルカイオスの子)はポリュクセノスから牛を買い戻し、ミュケーナイに連れ帰った。

エーレクトリュオーンは子供たちの復讐のためにプテレラーオスを攻めようとし、その間ミュケーナイとアルクメーネーをアムピトリュオーンに預け、戻るまでアルクメーネーの処女を守るよう約束させた。しかしアムピトリュオーンが牛をエーレクトリュオーンに引き渡したとき、1頭の牛が飛び出したのでアムピトリュオーンは止めようとして棍棒を投げると、棍棒は牛の角に当ってはね返り、エーレクトリュオーンに当って殺した。このためアムピトリュオーンはステネロスによって追放された[3]

系図

テンプレート:ヘラクレスの系図

イトーノスの子

このエーレクトリュオーンは、ボイオートスの子イトーノスの子で、ヒッパルキモス、アルキリュコス、アレゲノールと兄弟。レーイトスの父[4]

脚注

  1. アポロドーロス、2巻4・5。
  2. シケリアのディオドロス、4巻9・1。
  3. アポロドーロス、2巻4・6。
  4. シケリアのディオドロス、4巻67・7。

参考文献