actions

アトレウス

アトレウス古希: Ἀτρεύς, Atreus)は、ギリシア神話に登場するミュケーナイの王である。タンタロスの息子ペロプスオイノーマオスの娘ヒッポダメイアの息子。トロイア戦争におけるギリシア軍の総大将として知られるアガメムノーンとその副大将であるメネラーオスの父。

概説

母の教唆を受けて、弟のテュエステースと一緒になって末弟クリューシッポスを殺害し、その罰として、父の呪を受け追放させられる。父の呪詛の結果、テュエステースに対して深い憎悪を抱くようになる。テュエステースとピサを去りミュケーナイに逃れ、ステネロスの許に身を寄せ、ミデアの町を委ねられる。

そしてステネロスの子エウリュステウスが死んだ時、神託はペロプスの子をミュケーナイの王にすべしと告げた。そこでテュエステースとアトレウスは王位をめぐって対立した。テュエステースは金羊毛の所有者が王位を継ぐべきだと主張した。ところが、かつて家畜の中に黄金の毛をした羊を見出し、大事に保管しておいたはずの金羊毛を、テュエステースと密通していた妻アーエロペーが盗んでおり、その金羊毛をテュエステースが示し、王に選ばれる。しかし神々の意志によって王権を勝ち取ることになる。

妻と姦通したテュエステースを許すことができず、和解と称して呼び戻し、テュエステースの3人の子供たちを殺害して、饗宴を催し、テュエステースにその肉を食べさせた。あとからその肉が何であったかを明らかにし、テュエステースを追放する。

その後、ミュケーナイではアトレウスが原因で飢饉に襲われる。そこで神託に問うと、神託はテュエステースを連れ戻すよう告げた。そこでアトレウスはテュエステースを捜してシキュオーンに行き、そこでテュエステースの子を身ごもっているペロピアを見初め、妻とした。ペロピアは子供のアイギストスが生まれると捨てたが、アトレウスはアイギストスを見つけ、自分の子として育てた。またアガメムノーンとメネラーオスにテュエステースを捜させ、投獄した。やがてアイギストスが成長し、テュエステース殺害の任務を託すが、出生の秘密を知ったアイギストスに殺される。


系図

テンプレート:アガメムノーンの系図


参考文献

  • アポロドーロス『ギリシア神話』高津春繁訳、岩波文庫
  • ピエール・グリマル『ギリシア神話』高津春繁訳、白水社
  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、岩波書店

関連項目