actions

アルキュオネー

ファイル:Herbert James Draper - Halcyone (1915).jpg
『アルキュオネー』 1915年、H. J. ドレイパー画。海岸で夫を捜している。頭上を飛ぶのは2羽のカワセミ

アルキュオネー古希: Ἀλκυόνη, Alkyonē, ラテン語: Alcyone) は、ギリシア神話の女性である。同名の女性が複数知られており、有名なものでは、

がおり、あまり有名でないものにステネロスの娘、エレペーノールの母がいる。また『イーリアス』によれば、メレアグロスの妻クレオパトラーはアルキュオネーのあだ名で呼ばれたという[1]

アイオロスの娘

この女性はアイオロスとエナレテーの娘で、クレーテウスシーシュポスアタマースサルモーネウスデーイオーンマグネースペリエーレースカナケーペイシディケーカリュケーペリメーデーと兄弟[2]。一説にアイオロスとアイギアレイアの娘[3]

ケーユクス明けの明星ヘオースポロスの子)の妻[4][5]

この夫婦は傲慢さからお互いをゼウスヘーラーにたとえた。そのためゼウスはケーユクスをカツオドリに、アルキュオネーをカワセミに変えたという[4]

オウィディウスによるとアルキュオネーとケーユクスは大変仲の良い夫婦であったが、ケーユクスは神託伺いのために航海に出て、嵐に遭い、海で死んだ。夫の死をで知ったアルキュオネーが海岸に行くと、海に1体の死体が漂っていた。アルキュオネーはそれが夫であると悟り、夫のもとに行こうとしていつの間にか鳥になっていた。そして夫のもとに飛んで行くとケーユクスもまた鳥になった。神々によって鳥に変えられたのであり、二人は鳥となった後も仲睦まじく暮らした。

なお、オウィディウスではアルキュオネーの父アイオロスは風神アイオロスと同一視されており、自分の子孫であるカワセミが冬、海上でを孵す7日間だけ風を閉じ込めて海が荒れないようにすると述べている[6]

系図

テンプレート:ヘオースポロスの系図

アルキュオネーが登場する作品

アトラースの娘

この女性はプレアデスの1人で、アトラースとプレーイオネーの娘、マイアターユゲテーステロペーエレクトラケライノーメロペーと姉妹。アルキュオネーは海神ポセイドーンから愛され、アイトゥーサ、ヒュリエウスヒュペレーノールを生んだ。子供たちのうち、アイトゥーサはアポローンとの間にエレウテールを生み、ヒュリエウスはニュムペーのクロニエーとの間にニュクテウスリュコスをもうけた[7]

パウサニアスによると、アルキュオネーとポセイドーンの子はヒュペレースとアンタースである。2人はトロイゼーンの古い王で、ヒュペレイア市とアンテイア市を創建した[8]。アンタースはボイオーティア地方のアンテドーン市の王だったという説も述べている[9]

その他のアルキュオネー

脚注

  1. 『イーリアス』9巻。
  2. アポロドーロス、1巻7・3。
  3. ヒュギーヌス、65話。
  4. 4.0 4.1 アポロドーロス、1巻7・4。
  5. オウィディウス『変身物語』11巻。
  6. オウィディウス『変身物語』11巻。
  7. アポロドーロス、3巻10・1。
  8. パウサニアス、2巻30・8。
  9. パウサニアス、9巻22・5。
  10. アポロドーロス、2巻4・5。
  11. シケリアのディオドロス、4巻12・7。
  12. アポロドーロス、摘要(E)3・11。

関連項目

参考文献

テンプレート:プレイアデス