actions

ニーキッペー

ニーキッペー古希: Νικίππη, 'Nīkippē)は、ギリシア神話の女性。長母音を省略してニキッペとも表記される。


ニーキッペーは(Νικίππη, Nīkippē)は、ギリシア神話の女性である。エーリスの王ペロプスとヒッポダメイアの娘で[2]ピッテウスアトレウステュエステース[3]アステュダメイアリューシディケーと兄弟。ミュケーナイの王ペルセウスの子ステネロスの妻となり、アルキュオネー、メドゥーサと、エウリュステウスを生んだ。

ニーキッペーは、ヘーラクレースをミュケーナイの王にしたくないヘーラーの策略によって、アルクメーネーの出産が妨げられている間にわずか7カ月でエウリュステウスを出産した[2]

系図

テンプレート:アガメムノーンの系図

脚注

  1. アポロドーロス、2巻7・8。
  2. 2.0 2.1 アポロドーロス、2巻4・5。
  3. アポロドーロス、摘要(E)2・10。

参考文献